ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

FTM-400XDはエアーバンド全域を2波同時受信する

タッチパネルを採用した大型カラーディスプレイが、多機能機をイメージさせる八重洲無線のデュアルバンドモービル機「FTM-400XD」。エアーバンドの受信周波数帯をフルカバーし、VHF帯とUHF帯での自由な2波同時受信が可能。八重洲無線のモービル機はスペック上は完璧なのです。FTM-400XDを詳しく見ていきましょう。


FTM-400XDはエアーバンド全域を2波同時受信する

FTM-400XDは感度が追い付いていない

エアーバンドの受信周波数帯をフルカバーして、VHF帯とUHF帯の2波同時受信が可能なFTM-400XDですが、残念なことに感度が追い付いていません。

VHF帯エアーバンドは高感度を発揮するものの、UHF帯は225~235MHzと270~310MHzで悪化します。とはいえ、高利得アンテナでカバーできるレベル。クルマの屋根に大きなアンテナ上げればUHF帯の問題は解決するでしょう。

FTM-400XDは、2波同時受信できるエアーバンドモービル機として、高いレベルにあります。しかし、バンクが無いので、空港や基地を切り替えてのスキャンができません。バンクさえあれば、エアーバンド受信の評価は格段に上がります。

FTM-400XDは大型ディスプレイを採用

FTM-400XDは、大型ディスプレイの採用でメモリーの文字が大きく視認性は良好。ディスプレイはドットマトリックス方式で、サイズは71W×53.5H㎜となっています。

コントローラーは別体式で、3mのセパレートケーブルが付属。本体に搭載しているスピーカーの外径は66㎜(8Ω 3W)となっています。

FTM-400XDの発売日は2015年11月。本体サイズ/重さは143.5W×42.5H×125D㎜/915gです。コントローラーサイズ/重さは140W×72H×24.5D㎜/195g。通常のメモリー数は1,000チャンネルで、バンク構成は500チャンネル×2バンドとなります。実勢価格は52,800円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。