ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

催涙スプレーはピストル型のほうが命中率アップ

防犯グッズの1つに催涙スプレーがあります。催涙スプレーは小型のスプレータイプが多い一方、あまり親しみのない形状のため狙いが定めにくいのが難点です。そんな催涙スプレーはピストル型を使うと命中率がアップします。ピストルを構えるように催涙スプレーが使えるのです。



スポンサーリンク
催涙スプレーはピストル型のほうが命中率アップ

催涙スプレーにアラームを搭載

見た目にインパクトのあるピストル型催涙スプレー「KEEPER」。両手でしっかり狙いを定められるので、命中率がアップするのもポイントです。

催涙スプレーの成分は300万SHUベースのOCガスを使用。高い威力を発揮します。また、練習用スプレーも付属し、予行訓練ができます。

さらに催涙スプレーだけでなく、120dBの大音量アラームで付近に危険を知らせられる機能も搭載。危険回避の確率も高まるでしょう。

催涙スプレーの缶は銃口に設置

催涙スプレーのスプレー缶は銃口の先端に設置します。缶自体にスイッチはないので誤爆することはありません。セーフティピンを外してトリガーを引くと、スプレーが噴射されます。

催涙スプレーの噴射距離は約50cm~2m。ただ、霧状のスプレーなので風向きに左右されるので注意が必要です。アラームを鳴動するには、ピストル後部にあるスイッチを下にするだけです。

催涙スプレーの約20ccで、電源は006P 9Vアルカリ電池×1本。アラーム音量は120dBとなっています。サイズは170W×110H×30Dmmで、重さは約150g。実勢価格は8,200円です。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「催涙スプレー」おすすめ記事
催涙スプレーの噴射性能を実際に試してみた!!
催涙スプレー付きアラームライトの威力を検証
催涙スプレー付きシールドが窓口に置かれている
催涙スプレーは防塵マスクでないと防ぎきれない
特殊警棒に催涙スプレーを仕込んだ進化系グッズ

■「護身グッズ」おすすめ記事
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
防刃ベストが軽量化!日常着としても着用可能
護身用に使える防刃グローブはナックル部が違う
さすまたのアームが動けば壁がなくても捕獲可能

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事