ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

CamiAppでノートやホワイトボードをデータ化

ペンや紙の汎用性はまだまだ侮れませんが、大事なメモ書きをなくしてしまった経験は誰にでもあるもの。どうしても紛失のリスクがあります。また、物理的にかさばるため、必要な情報がすぐに取り出せないのもネックでしょう。そこで活用したいのが手書きノートと連携するアプリ「CamiApp」です。


スポンサーリンク
CamiAppでノートやホワイトボードをデータ化

CamiAppでノートをデータ化する

記入した内容をスマホやタブレットにデータ化できる専用ノートが「CamiApp Sノートタイプ」。使用方法は、各ページの右下にある「SAVE」にペンでチェックを入れるだけです。

データ化したノートは専用アプリ「CamiApp」で取得できます。また、左隣にあるアクションマーカーに数字を記入すると、データ化と同時に自動でフォルダ分けやクラウドサービスへのアップロードもできます。

「SAVE」にチェックを入れると、書いた内容はそのままスマホに転送。ファイル形式はJPG/PDFを選択可能です。あらかじめ設定しておくとアップロードやタグ付けも自動で行われる設計です。

CamiAppでホワイトボードも取得

CamiApp専用ノートの電源はmicroUSB充電となっています。サイズは179W×258H×38Dmmで、重さは約730g(ノート含む)。実勢価格は12,510円です。アプリはApp StoreとGoogle Playで入手できます。

CamiAppでは、板書された文字を記録したい時に使う「ホワイトボードマグボ・マット」も販売しています。CamiAPP対応シールを四隅に貼って撮影すれば自動でタグ付け・メール送信・クラウドへのアップロードをしてくれます。

さらに専用アプリ上で赤丸を書き足したり、社外秘の部分を隠したりすることも可能。背面がマグネット式(折曲げ収納可能)なので、スチール面に貼るだけです。サイズは600W×450H×0.3Dmmで、重さは200g。実勢価格は2,700円です。(文/秋葉実)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。