ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

不動産業界で使われるメートル単位の定規アプリ

大きなメジャーが無ければ測れない、メートル単位の距離を測定できる定規アプリがあります。最初にスマホを立てる、寝かせるといった校正をすれば準備完了。不動産業界愛用のスーパー定規アプリです。また、直感的に使える100cm定規アプリも紹介しましょう。


不動産業界で使われるメートル単位の定規アプリ

定規アプリは不動産関係者が愛用

定規アプリ「移動して測定-フライングルーラー」は定規で3モード、分度器で2モードを収めた有料アプリ。入手先はApp Storeで、価格は370円です。精度の高さと手軽さから、不動産関係者が多数愛用しているといいます。

定規にはノギス的に使える「バーチャル定規」、長距離を測る「横スライド計測」、高さを測れる「縦スライド計測」の3モードがあります。誤差は3%以内なので、部屋の広さや家具などのおおよそのサイズが測れます。

アプリの実際の使い方は、計測したいモノに合わせて、iPhoneをセッティング。正しく計測するために校正を行います。あとは、計測したいモノに合わせてスライドさせていけばOKです。

直観的に使える100cm定規アプリ

直観的に使えるiPhoneの100cm定規アプリもあります。事前の設定は不要で100cmまですぐに測れる、iPhone専用のお手軽アプリが「100cm定規」。こちらは無料で使えます。

測定対象の左端にスマホの頭を揃えたら、画面右を指で押さえてスマホを右へ移動させます。この動作を繰り返せば計測終了。なお、使い方動画をYouTubeで確認できます。

このアプリの使い方は、画面を指で押さえたままiPhoneをスライド。すると10cm・20cmと画面の定規もスライドしていきます。スマホの画面ではなく、本体の左端を測りたいものに合わせるのがルールです。


定規などの文房具が1つのアプリ

「SmartTools-ツールボックス」は、定規や分度器といった文房具を1つのアプリに格納。6個のメニューに、12の機能が収められています。入手先はGoogle Playで、価格は370円です。

まず「巻尺・分度器」には、距離測定・分度器・ネジサイズ計測など6機能を搭載しています。「単位」では、長さ・面積・圧力・燃料・カロリーなど、16個の単位変換が可能です。

「距離・高さ」では、写真撮影して対象物までの距離を概算できます。「騒音・振動」では大きな音や揺れを計測可能。「コンパス」は方位磁針と金属探知が行えて、「ライト」には照明機能と自撮りカメラを装備します。

定規や分度器など12機能が詰まった万能アプリ

定規アプリで幅と高さが測れる

アプリで便利なのが「定規」で、スマホ画面がタテヨコに刻み目の入った定規に変化。最初の起動時に画面サイズを入力すれば、大きさを正確に測れます。スマホ以下の小さいモノやパーツを画面の上に乗せれば、幅と高さが測れる仕組みです。

「単位換算」はインチとミリ、平方メートルと坪などの変換がスマートに行えます。靴のサイズ、仕事率の変換も計算可能です。「水準器」で床や棚、ポスターやカレンダーが傾かずに設置できているかを確認できます。

また、震度や音量が計測できるなど、文房具を超えた機能も内蔵。金属探知器はスマホを水平に持ち、近くにあるものの磁場を測定します。かゆいところに手が届く万能アプリです。

■「文房具」おすすめ記事
100均で売っているそっくり文房具を集めてみた
100均で売っているそっくり文房具を集めてみた
消せるボールペンによる改ざんを見破る方法

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事