ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

頭皮の臭いはティーパックの出がらしで消せる

頭皮の臭いの正体は、皮脂と汗が混ざった臭いと、皮脂が常在菌によって分解された脂肪酸による臭い。ゆえに頭皮の臭いの対策は、皮脂を落として常在菌を抑える日頃のケアが大切です。ただし、出先などでどうしても頭皮の臭いが気になったら、ティーパックの出がらしで消臭しましょう。



スポンサーリンク
頭皮の臭いはティーパックの出がらしで消せる

頭皮の臭い対策に有効なシャンプー

「どうせすぐ乾く」「頭皮に熱はよくない」といって、シャンプー後に自然乾燥させるのはやはりNGです。雑菌繁殖を促し、脂肪酸が増えます。タオルとドライヤーで完全に乾かしましょう。髪の毛が濡れたまま寝るのは論外です。

洗髪後はよく乾燥させると、頭皮の臭いが抑えられます。熱風による頭皮へのダメージが気になるなら、低温ドライヤーを使うとよいでしょう。

最近、フケ原因菌として注目される常在菌マラセチアは、皮脂を養分として脂肪酸を生み出します。頭皮の臭い対策には、水虫薬で有名な持田製薬から発売のシャンプーが有効です。

頭皮の臭いにティーパックを利用

持田製薬の抗菌+皮脂洗浄シャンプー「コラージュフルフルスカルプシャンプー」の価格は2,624円。抗菌成分とアミノ酸系洗浄成分で、菌と皮脂を洗い落とします。高価ですが、頭皮の臭い抑制効果は抜群です。

頭皮の臭いが気になったらシャンプーで洗うのが1番ですが、出先では無理な話。そこで、茶カテキンの抗菌・消臭効果を利用しましょう。ティーパックの出がらしをコットンで包んで絞るように湿らせ、頭皮を拭くだけでOKです。

実際、ティーパックの出がらしで拭いた頭皮の臭いと、何もしない頭皮の臭いを臭いセンサーで測定。臭いレベルの数値は、茶カテキンで拭いた方が30ほど低くなりました。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(文/今野博志)

■「頭皮の臭い」おすすめ記事
頭皮の臭いをセルフチェックする3つの方法とは

■「臭い」おすすめ記事
汗の臭いを抑えるなら酢風呂入浴を一週間続ける
体臭を改善するクスリのウソ・ホントを見極める
体臭の原因除去で力を発揮するアイテムはこれ
加齢臭対策は酸化前に皮脂を拭き取ることが重要
ミドル脂臭は30~50代に発生する油くさい臭い
耳の臭い対策には洗顔フォームを使うのが効果的

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事