ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カメラスタビライザーで滑らかな動画撮影を実現

動画撮影のネックといえば手ぶれ。とくに歩きながら動画を撮影しようとすると、どうしても映像がグラグラ状態になってしまいます。そんなときはカメラスタビライザーを使いましょう。カメラスタビライザーが手ぶれを軽減してくれるので、滑らかな動画撮影が実現します。



スポンサーリンク
カメラスタビライザーで滑らかな動画撮影を実現

カメラスタビライザーで手ぶれ軽減

歩きながら躍動感のある動画を撮影したい時などに、問題になるのが手ぶれ。グラグラしてしまっては、せっかくの映像が台なしになります…。

そこで使いたいのが、カメラの安定装置であるカメラスタビライザー。下部の重りでバランスを取り、手ぶれを軽減してくれます。

今回、使用したカメラスタビライザーは「DN-11047」です。メーカーは上海問屋です。サイズは200W×340Hmmで重さは876g。実勢価格は4,990円です。

カメラスタビライザーのアングル調整

DN-11047の重りが付いているのはアーム下部。実際に使用してみると、安定感がああります。握りやすいグリップなので、片手でも滑りません。

また、グリップの傾きを変えることが可能。これでカメラスタビライザーのアングルが自由自在に調整できます。

DN-11047は片手で使えるカメラスタビライザーなので結構便利。動画撮影をする人なら導入してみてはいかがでしょう? この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。(文/中谷仁)

■「撮影」おすすめ記事
忍者レフでガラスの写り込みを防止して写真撮影
防水カメラになるタフなケースが「dicapac」
カメラスタビライザーで滑らかな動画撮影を実現

■「動画撮影」おすすめ記事
無音カメラの動画版アプリはパスワードが2種類
動画撮影に気づかれないデジタル双眼鏡カメラ
iPhone6のカメラ新機能で高クオリティ動画

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。