ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スカルプドライヤーは頭皮マッサージ機能付き

ドライヤーの熱風は頭皮に相当なダメージを与えるもの。かといって自然乾燥も頭皮環境にはよくありません。そこで利用したいのが「スカルプドライヤー」。低温ドライで髪を乾かしたら、湯音並みの温かさと振動ブラシで頭皮をケアします。スカルプドライヤーを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
スカルプドライヤーは頭皮マッサージ機能付き

スカルプドライヤーはドライで60度

頭皮マッサージ付きドライヤーがヤーマンの「スカルプドライヤー」。遠赤外線&振動&低温ドライで頭皮をケアしてくれます。サイズは約112W×297H×194Dmmで、重さは約630g。実勢価格は19,440円です。

一般のドライヤーは100~110度とかなりの熱風で、頭皮に相当なダメージ。かといって、自然乾燥だとフケやかゆみの原因となる雑菌が繁殖し、頭皮環境によくありません。

遠赤外線を放出するスカルプドライヤーなら、ドライヤーの熱はドライ運転時が約60度と低温。さらにスカルプHOTモードの42度の微風と付属のスカルプヘッドによる振動機能で、頭皮マッサージも行えます。

スカルプドライヤーで頭皮をケア

まずはスカルプドライヤーで髪を乾かします。じつは洗髪後は危険がいっぱい。熱過ぎるドライヤーも自然乾燥も、頭皮にダメージを与えてしまいます。スカルプドライヤーの低温ドライでケアしましょう。

髪を乾かしたあとは、遠赤外線と振動で頭皮をケア。42度と湯温並みの温かさと振動ブラシが、頭皮に心地よい刺激を与えます。育毛剤を浸透させるなら、アタッチメント小で冷感モードにしましょう。

ヤーマン美顔器マイスターのオススメは、スカルプHOT(遠赤外線+振動)→シャンプー→低温ドライ→スカルプHOT→(育毛剤)→スカルプCOOLというコースです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「スカルプ」おすすめ記事
育毛シャンプー対決はスカルプDが僅差で勝利

■「マッサージ」おすすめ記事
マッサージシートはお気に入りチェアで至福の時
りらくの評判を確かめるべく潜入取材してみた

■「育毛」おすすめ記事
プロペシアは本当に効果のある脱毛症のクスリ
スーパーミリオンヘアーの防水性を実験してみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。