ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

探偵

500m先の暗闇も明るく撮れる暗視スコープが登場

カメラ技術の進歩により、暗視撮影できるスパイカメラが増えてきました。比較的安価に手に入れることができ、室内などであれば申し分ない性能を持つモデルも存在します。しかし、あくまで補助機能であるため[…続きを読む]

AliExpressウォーターボトル型カメラのレンズ穴

AliExpressを巡回していると、ウォーターボトル型のカメラを見かけるようになりました。環境面に配慮したり、健康ブームでマイボトルが一般的になった今、スパイカメラの擬装対象としてうって付け[…続きを読む]

1万円のボタン型カメラはフルHDで明るく撮れる

ウェアラブルカメラの中でも「ボタン型カメラ」は想像以上に気づかれません。撮影対象の正面に陣取って撮影できるのもボタン型カメラのメリット。しかも、両手が自由に使えて自然に振舞えるので、怪しまれま[…続きを読む]

暗視カメラに大型液晶で長時間の監視も疲れない

bestguarderの暗視カメラ「ARK-PR-NV900」は、大型の双眼鏡を彷彿とさせる本体ですが、接眼部に見える部分はカメラのレンズと赤外線ライト。オープンファインダー型と称するスタイル[…続きを読む]

1万円で買えるメガネ型カメラのバレないレンズ

身体に装着することで自然に振る舞いながら撮影できるのがウェアラブルカメラのメリットです。そして、何かしらのトラブルがあり、証拠を収集したいという場合には「メガネ型カメラ」がウェアラブルカメラの[…続きを読む]

サイオニクスプロはISO感度819200の暗視カメラ

撮像素子の製造も行っているサイオニクス社から発売されている、暗視カメラの最上位モデルが「サイオニクス プロ」です。比較的大型な1型の撮像素子を搭載しサイズが大きいものの、画素数を130万画素程[…続きを読む]



ボールペン型カメラは実際に書けるタイプが主流

室内/屋外を問わず使え、かつ録画中の配置変更も自然にできるのがモバイルツールカメラというカテゴリーです。その代表格となるのがボールペン型カメラになります。ある時は胸ポケット、またある時は手持ち[…続きを読む]

置き時計型カメラに仕込まれたレンズはどこだ?

スマホでいつでも録画できる時代になりましたが、自衛のための証拠撮りには周囲に溶け込む擬装カメラが必需品です。そこで、リビングルームやオフィスに置いても違和感を感じない、電化製品に擬装した最新の[…続きを読む]

暗視ライフルスコープは一式揃って4万円以下

SCSの「暗視ライフルスコープ」は、ライフルスコープの後部にカメラをセットするのも独特ならば、液晶モニターを取り付けるというスタイルも他にはない形。そして、スコープとカメラ、赤外線ライトなど一[…続きを読む]

片手持ちできる初心者も扱いやすい暗視スコープ

ブッシュネルの「エクイノクス X650」は、サバイバルゲームなどホビーでの使用も想定していると思われる、単眼鏡タイプの暗視スコープです。家庭用ビデオカメラぐらいのコンパクトなサイズ感ですが、赤[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEの会話を探偵が盗聴する手口を見ていくとともに、それを防ぐ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]