ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

探偵

モバイルバッテリー型スパイカメラが人気の理由

小型カメラや擬装型カメラなど、いわゆる「スパイカメラ」は多種多様にあります。スパイカメラはかつては、探偵や当局向けといったプロ用だったので5万円以上の商品ばかりでした。しかし、2010年代以降[…続きを読む]

ミラーレス一眼を「赤外線カメラ」改造する方法

軍事利用から古文書研究まで、あらゆるジャンルで利用されているのが「赤外線カメラ」です。人間の目には見えない赤外線を捉える赤外線カメラは暗視スコープとしても利用可能。最近では、ドラレコなどでも活[…続きを読む]

デジタル一眼レフを暗視スコープに機能拡張する

通常、デジカメはフルスペックの上位機種と入門用の下位機種をラインアップ。下位機種は価格が安い分、機能が制限されています。じつは非公式の裏ファームを使うと、こういった制限を解放することが可能なの[…続きを読む]

郵便物は住所のほかバーコードを隠さないと危険

パッと見では理解できないため、秘匿性が高いように思われがちな「バーコード」。しかし、その正体はただのテキストの羅列。誰にでも解析できてしまいます。中でも注意したいのが、郵便物の宛て名に印刷され[…続きを読む]

液晶搭載「カンニングペン」Wordファイルも表示

技術の進化とともにハイテク化の一途をたどる、カンニンググッズ。その最新作といえるカンニングペンは液晶ディスプレイを搭載し、WordやPDF、テキストファイルなどさまざまな形式のファイルを表示で[…続きを読む]

USBメモリ型「スパイカメラ」のレンズはどこ?

何か別のモノにカモフラージュした「スパイカメラ」は、ここ数年で激安な中華製品が激増し、よりカジュアルになりました。とはいえ、証拠撮りに使うなら一定のクオリティは必要になります。価格と品質のバラ[…続きを読む]



スマホでリモート監視できるUSB充電器型カメラ

官公庁や探偵など調査のプロ御用達なのがサンメカトロニクス製のカメラです。別のモノにカモフラージュする小型カメラは、基本的に液晶非搭載のため、撮影状態が分かりにくいという難点がありました。そこを[…続きを読む]

カードサイズ小型GPS発信機で相手の居場所を追跡

行くなと言われると、行きたくなってしまうのが人間の性。“夜の街”がすべて悪いワケではありませんが、愛するパートナーの帰りが遅い日が続くとつい心配になってしまいます。そんな時は、「小型GPS発信[…続きを読む]

暗闇を捕らえるデジタルナイトスコープの暗視度

夜行性動物の観察や夜間の証拠撮りに有効なのが「デジタル暗視スコープ」です。「AX-NV400B」は、業務用特殊高感度カラーセンサーを搭載し、わずかな光を増幅して鮮明なカラー撮影を可能にしていま[…続きを読む]

SNSで話題「赤外線カメラ」付きスマホの透視度

「メイン・超広角・望遠・カラーフィルター」の4つのカメラを搭載した最新スマホ。このうちカラーフィルターには「赤外線カメラ」化できる、裏機能があることが判明しました。しかし、SNSで話題になると[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]