ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Raptoreum(RTM)のマイニングで1日105円の利益?

マイニングといえば、これまでハイエンドなグラフィックカードを使った演算によりBitcoinなどの仮想通貨を発掘するのが主流でした。しかし、最近はCPUによる「Raptoreum(RTM)」という仮想通貨のマイニングが登場しています。これまでもCPUでのマイニングは可能でしたが、GPUに比べて演算の効率が悪いのが実情でした。


1日105円の利益?仮想通貨のマイニング最新テク

Raptoreumマイニングで使うCPUはRyzen

しかし、ゲーミングPCなどハイスペックなCPUとグラフィックカードが揃う環境であれば、同時にマイニングすることで効率的に稼ぐことが可能なのです。

Raptoreumのマイニングで使うCPUはAMDのRyzenです。キャッシュの容量を使って演算を行うため、できるだけL3キャッシュの容量が大きいものがベター。これまでは3000シリーズでも利益が出ましたが、2021年12月現在の相場では5000シリーズがオススメです。

電気代とのバランスを考えると、「Ryzen9 5900X」(8万円前後)あたりが最適でしょう。ちなみに、GPUマイニングで最も効率の良い3060tiは1日約350円。5900Xは約90円程度なので、これを両立させればPC1台で約440円の利益が出せます。

2021年12月現在、最上位モデルのRyzen 9 5950Xで1日105円の利益。11月は200円以上だったので若干下落してはいますが、相場次第では爆益も有り得るでしょう。

Raptoreumマイニング開始までの流れ

CPUを使ったRaptoreumマイニングはまず「ウォレットの作成」からです。公式のウォレットが推奨されていますが、送金が面倒なので取引所のウォレットでOK。日本の取引所でRTMは扱っていないため、海外の取引所を使う必要があります。今回はSouthxchangeを利用しました。

続いて「マイニングプールへの登録」です。マイニングプールはアジアサーバのある「Suprnova」がベター。アカウントを作成後、RTMのウォレットを設定し、炭鉱夫(PoolWorker)として登録しましょう。

次は「マイニングツールの準備」です。Supernovaに対応しているツールであれば何でもOKですが、今回は「cpuminer-gr」を利用。設定方法がやや複雑なため割愛しますが、解説するサイトなどを参考に進めましょう。

設定が終わったら「マイニングの開始」です。あとは放置するだけ。実際に月に800円近くの利益になることもありましたが、12月は電気代とのバランスが悪化。仮想通貨の相場が高騰すれば一攫千金も夢ではありません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事