ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Android TVの野良アプリ「SmartTube」検証結果

YouTube非公式アプリはスマホ用だけではありません。Android TV用に開発されたものもあり、その1つが「SmartTube」です。広告カットはもちろん、PiP再生ができたり、画面を自分好みにカスタマイズ可能。Fire TVにSmartTubeをインストールして検証してみたところ、日本語にも完全対応。SmartTubeを詳しく見ていきましょう。


Android TVの野良アプリ「SmartTube」検証結果

Android TVの野良アプリインストール

まずAndroid TV向けの野良アプリ「SmartTube」のインストール方法を見ていきます。にSmartTubeは、公式アプリ「Downloader」アプリを使ってFire TVにインストールするのが基本的な流れです。

Downloaderアプリを開いたら検索窓をクリック。「smartyoutubetv.github.io」を入力して「Go」をクリックすると、SmartTubeの公式サイトが開きます。

下の方にスクロールすると「Stablerelease」というリンクがあるのでそれをクリック。数分でFire TVにSmartTubeがインストールされました。

Android TVの野良アプリは設定が豊富

Android TVの野良アプリ「SmartTube」はYouTube広告を強力にブロックします。「SponsorBlock」という拡張機能で広告をカット。本編再生前も再生途中も一切広告動画が流れませんでした。

動画を小さい別ウインドウで再生できるピクチャーインピクチャーにもSmartTubeは対応。SmartTubeを終了してFire TVのホーム画面に移っても、小窓で再生できました。

SmartTubeの再生速度は最大3倍になります。YouTubeアプリの再生速度は0.25~2倍。SmartTubeは0.25~3倍に対応し、0.25単位でより細かく設定可能です。

SmartTubeは設定項目がとにかく豊富。動画のプリセット、ショート動画の表示、UI、再生リストのスタイル、字幕のデザインなど、自分好みに仕上げることができます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事