ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

YouTubeの広告ブロックを標準搭載したブラウザ

広告カットやバックグラウンド再生といった、YouTubeの有料会員(月額1180円)の各種機能を“タダ”で使えるWebブラウザが「Brave」です。Torブラウザを手軽に使えたり、仮想通貨が貯まる裏機能もあるのです。Braveに標準搭載されているYouTubeの広告ブロック機能を詳しく見ていきましょう。


YouTubeの広告ブロックを標準搭載したブラウザ

BraveはYouTube広告ブロック標準搭載

「Brave」は、広告ブロック機能が標準搭載されたChromiumベースのWebブラウザです。Windows、Android、iOSに対応し、YouTubeの広告ブロック機能を搭載しています。

このほか、BraveはYouTubeのバックグラウンド再生やオフライン再生も可能。つまり、ブラウザにBraveを使えば、YouTube Premiumの便利な機能を無料で再現できてしまうのです。

プラットフォームによって使える機能に若干差がありますが、広告をブロックするためだけに毎月1,180円を課金するくらいなら、Braveを活用して快適なYouTubeライフを手に入れるのが賢い選択です。

BraveのYouTube広告ブロックで即本編

YouTubeの広告ブロックは、Braveに搭載された「Brave Shields」というセキュリティ機能によるもの。YouTubeの動画広告などがすべてブロックされるので、Premiumユーザーと同じ快適な視聴環境が再現できるのです。

広告ブロック機能はYouTubeだけでなく、ほとんどのWe bサイトに対応。煩わしい広告が消えるのでブラウジングも快適です。海外のアダルトサイトなどにも対応しています。

実際にBraveのYouTube広告ブロック機能を試してみると、トップ画面にデカデカと表示されるマストヘッド広告や、動画の冒頭に挿入されるインストリーム広告もすべてブロック。即、本編の再生が可能になりました。

「Brave Shields」は広告ブロック以外にも多数の機能を搭載。履歴の自動削除や他サービスとの連携無効化など、多くのセキュリティ機能が標準搭載されています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事