ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

屋外用防犯カメラが不審者の顔を自動で抜き出し

聞き慣れない「Eufy(ユーフィ)」というブランド。じつはコレ、モバイルバッテリーでおなじみAnkerのスマート家電ラインで、主にロボット掃除機やGPSトラッカーをラインアップしています。その中でもコスパ最強と評価されているのが、見守り用のネットワークカメラです。その実力を詳しく見ていきましょう。


屋外用防犯カメラが不審者の顔を自動で抜き出し


Eufy Security Solo OutdoorCam屋外用

今回チョイスした防犯カメラ「Eufy Security Solo OutdoorCam C22」は屋外用で、暗所でもカラー撮影が可能なスポットライトモード、多少の雨なら平気なIP67の防水性能を備えています。

肝心のカメラ性能ですが、昼間なら全く問題なかったものの、夜間はややザラザラ感が目立つ結果となりました。赤外線LEDのみのモノクロ撮影はキレイだったので、夜間フルカラーはやや苦手なのかもしれません。

それでも設置の容易さや、完全無料のクラウドストレージなどメリットも多い本機。間違いなくネットワーク型の防犯カメラの選択肢の1つになるでしょう。

防水性能はIP67で、水没しない限りは安心。また、本体自体が軽いため、付属の両面テープだけでも壁に取り付けられます。落下が心配なら、フックやネジで補強するとよいでしょう。


Eufy Security Solo OutdoorCam解像度

動体検知時の通知では、顔を抜き出して来訪者を教えてくれるのが便利でしょう。威嚇用のアラームも大音量で、不審者撃退に大きな効果を期待できます。

Eufy Security Solo OutdoorCam C22で明るい屋外を撮影。解像度1080pのスペック以上に鮮明な印象がありました。来訪者だけでなく、お向かいさんの様子まで分かってしまうほどです。

Eufy Security Solo OutdoorCam C22で暗い屋外を撮影。スポットライトが点灯した状態でしたが、ターゲットがわずかでも動くとブレてしまう始末。玄関灯を増やせば解決するかもしれません。

Eufy Security Solo OutdoorCam C22の解像度は1920×1080ドットで、画角は130°。電源はmicroUSB/USB Type-Aから給電。記録メディアはmicroSDカード(最大128GB)・クラウドストレージとなります。サイズは66W×58H×66Dmmで重さは115g。実勢価格は8,990円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。


目次