ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホで赤外線撮影が可能になるFLIR ONE Pro

年々、スマホカメラの高性能化が進み、望遠・ポートレート・ナイトモード撮影などができる機種が増えてきました。しかし、物体が放つ熱データを可視化するサーモグラフィー機能を搭載しているのは、限られたごくわずかな機種のみ。しかも、そのクオリティは“オマケ”程度なのが現状です。


スマホで赤外線撮影が可能になるFLIR ONE Pro

FLIR ONE Proは赤外線撮影ユニット

信頼性の高いメーカーのサーモグラフィーカメラは、業務用途ということもあり当然、高価…。そんな現状を解決できるのが、フリアーシステムズのスマホ用サーモグラフィーアダプタです。

「FLIR ONE Pro」は、スマホの端子に挿すだけで赤外線撮影ができるカメラユニット。こういったコンセプトの周辺機器は他にもありますが、本機が広く支持されるのはその性能の高さゆえです。

FLIR ONE Proは、赤外線カメラと可視カメラの2つを用いる「スーパーファインコントラスト(MSX)」により、サーモグラフィー画像に輪郭や文字を重ねて映し出すことが可能です。

FLIR ONE Proはエンジニアが重宝する

実際に、使用してみるとボウッとしただけの赤外線カメラ画像が、スーパーファインコントラストをONにすることで駅名や看板の絵柄が分かるようになりました。

熱源を正確に特定可能ということで、エンジニアや研究室で重宝されているのです。なお、本モデルには、接続端子がUSB Type-C(Android用)とLightning(iPhone・iPad用)の2タイプあります。

解像度は1920×1080ドット(画像・動画)、160×120ドット(熱画像)で、検知温度は-20~400度です。保存形式はJPEG(画像)、MP4(動画)となります。サイズ/重さは34W×68H×14Dmm/36.5g、実勢価格は60,000円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事