ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Androidの標準アプリが端末ごとに異なる裏事情

Androidスマホはメーカーごとに標準アプリがバラバラです。その理由はAndroid端末には「Googleアプリ」「メーカーアプリ」「キャリアアプリ」の3種類が標準インストールされているため。Googleアプリはすべての機種で利用できますが、メーカー・キャリアアプリは機種や契約状況次第で異なるのです。


Androidの標準アプリが端末ごとに異なる裏事情

Android標準アプリは3種類存在する

Androidスマホはメーカーごとに標準アプリがバラバラ。たとえ同じ機種でも、プリインストールされていないアプリがあったりします。それは「Googleアプリ」「メーカーアプリ」「キャリアアプリ」の3種類が存在するからです。

「Googleアプリ」は、Androidを開発しているGoogle製のアプリです。iPhoneでも利用でき、利便性はかなり高いでしょう。代表的なアプリに、Chrome/Gmail/Googleマップ/Googleカレンダー/Keepなどがあります。

「メーカーアプリ」は、スマホの製造メーカーが用意しているアプリ。名称は異なりますが、使える機能はほとんど同じです。主なアプリは、時計/カレンダー/ノート/ブラウザ/メール/天気予報などになります。

Android標準アプリのほか隠しコマンド

「キャリアアプリ」は、キャリアで販売・契約しているスマホに実装されているアプリ。同じ端末でもキャリア契約しないと使えません。主なアプリは、料金・通信量確認/アカウント設定/キャリアメール/防災などです。

このほか、メーカー専用のアプリストアも存在します。サムスン電子の「Galaxy Store」のように、メーカーによっては独自のアプリストアを提供していることがあるのです。
Google PlayやApp Storeでは配布していないアプリを入手できます。

なお、スマホの隠しコマンドについてもAndroid端末に共通の隠しコマンドと、メーカーが用意したテストモードなどの隠しコマンドが存在。例えばGalaxy、は電話アプリを起動して「*#0*#」を入力するとテストモードが立ち上がります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事