ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

YouTube公式アプリに広告スキップ機能を追加

Androidには「NewPipe」など、多機能なYouTubeの非公式アプリがいくつか存在することが知られています。カスタマイズにこだわりたいヘビーユーザーには最適ですが、公式アプリが使いやすいという人もいるでしょう。そこで重宝するのが「Cygery AdSkip for YouTube」。YouTube公式アプリに、広告の自動スキップ機能を追加する野良アプリです。


YouTube公式アプリに広告スキップ機能を追加

YouTubeの広告でミュート&スキップ

「Cygery AdSkip for YouTube」を導入しておくと、広告が流れている間は自動でミュート。そして一定時間後にスキップが可能になると、スキップしてくれる仕組みです。広告がカットできるわけではありません。

「Cygery AdSkip for YouTube」の導入方法ですが、本アプリはGoogle Playでは公式配布されていません。APKファイルをフォーラムから入手して、スマホにインストールする必要があります。

APKファイルを開いて端末にインストール。インストールがブロックされたら、「提供元の不明なアプリのインストール」を許可しましょう。

YouTube広告のスキップを有効化する

続いて、スマホの設定画面を開いて「ユーザー補助」→>インストール済みのサービス」を選択。ここで「Cygery AdSkip Service」が求める権限を許可しておきます。

「Cygery AdSkip for YouTube」を起動し、広告のミュートとスキップを有効化。YouTube公式アプリで動画を再生して、広告が自動でミュート&スキップされることを確認しましょう。

なお、YouTube非公式アプリとして知られる「NewPipe」では、広告ブロックやバックグラウンド再生などの機能が使えます。ただし、Google Playでは配布されていないので、配布サイトから入手する必要アリです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事