ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが高機能な防犯カメラになる見守りアプリ

自宅に監視カメラを設置したいけどコストがかかる…なんて悩みも不要なスマホがあれば解決できます。不要なスマホ端末に見守り系のカメラアプリをインストールして設置すれば、高性能な監視カメラに変身です。モバイルバッテリーをつなげば、設置場所を選びません。いかにもな監視カメラではないだけに、より実用的といえそうです。


スマホが高機能な防犯カメラになる見守りアプリ

見守りアプリに動体検知やAI顔検出

機種変更で不要になったスマホ端末は、多少は古くなっているとはいえ高機能な電子機器。見守りアプリをインストールすれば、高性能な監視カメラに早変わりします。

不要なスマホ端末を監視カメラ化する見守りアプリは、機能性重視なら「LiveCapture3」でしょう。映像をリアルタイムで閲覧できる監視カメラアプリで、動体検知を設定しておけば、検知前の映像を5秒さかのぼって計10秒の動画を保存できます。

また、AIによる顔検出にも対応し、設定人数以上の顔を捕らえた場合は、録画を開始する機能も搭載。なお、撮影用とモニター用に端末は2台必要で、それぞれにアプリを導入します。

見守りアプリには5パターンの監視設定

見守りアプリの監視設定は5パターン。定点カメラとして使う場合は「タイマー監視」、動きを確認したら録画をする「動体検知モード」など。揺れを検知したら撮影する「揺れ検知モード」もあります。

録画画質は1920×1080ドットです。遠隔でアプリをオン/オフ操作できるのは地味に便利な機能。再起動ボタンや、カメラレンズの切り替えが可能なのもうれしいところです。

特定の人物を捕らえた時に録画をスタートするなど、顔写真を登録しておけばAIによる顔認証も利用できるスグレモノのアプリです。App Store、Google Playで無料で入手できます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事