ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

目的別に選びたい5大メジャー無音カメラアプリ

かつて無音カメラアプリといえば、「忍者カメラ」や「ウバ無音カメラ」といった、いかにも怪しげな中華製アプリが主流でした。しかし、Microsoftが開発した「Microsoft Pix」をはじめ、大手企業が無音機能を搭載したカメラアプリをリリースしています。今では選択肢も増えました。5大メジャー無音カメラアプリを紹介しましよう。


目的別に選びたい5大メジャー無音カメラアプリ

無音カメラアプリの定番Microsoft Pix

続々とリリースされる無音カメラアプリで気になるのは画質の差。同じスマホでもアプリが違えば、印象が全く違う写真に仕上がります。そこで、メジャーな無音カメラアプリ5つを紹介しましょう。

無音カメラの定番といえば「Microsoft Pix」です。価格は無料で、入手先はApp Store。Microsoft製の無音カメラは、AIを搭載しているのが特徴。シャッターを押した前後の写真も記録していて、AIがその中からベストショットを提示してくれます。

LINE製の遊べる無音カメラアプリが「LINE Camera」です。価格は無料で、入手先はApp Store、Google Play。多くのデコレーション機能を用意し、おもしろ写真を撮れるカメラアプリです。グリッド表示や水準器なども備わっており、意外と高機能で侮れません。

無音カメラアプリで盛った写真が簡単

グルメ撮影に特化した無音カメラが「Foodie」です。価格は無料で、入手先はApp Store、Google Play。料理をよりおいそうに撮れるアプリとして知られますが、実は人物や風景撮影用のフィルターも用意。LINEが2016年にリリースし、現在はSNOWが開発を行っています。

簡単に盛った写真が撮れる無音カメラアプリが「Ulike」です。価格は無料で、入手先はApp Store、Google Play。リアルタイムで顔のパーツをイジるなど、盛った写真を撮れるアプリとして女性に人気。TikTokと同じ、中国のバイトダンスが開発しています。

爆売れしている無音カメラが「OneCam 2」です。価格は370円で、入手先はApp Store。2011年誕生の老舗アプリで、68回ものアップデートを行っています。タイマー、連射・接写撮影、手ブレ補正など機能が豊富で、有料ながら人気が高いアプリです。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事