ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

猛暑や大雨の警戒ならNHKの防災アプリが超充実

ここ数年、被害が大きくなっているのが夏場の大雨です。スマホで最新の災害情報が把握できれば、外出を控えたり避難を準備したりと対処方法も変わってきます。そこで、もしもに備えて導入しておきたいアプリが「NHKニュース・防災」です。ハザードマップや雨雲データマップなど、さまざまな災害情報を網羅しています。


猛暑や大雨の警戒ならNHKの防災アプリが超充実

NHKの防災アプリにあらゆる災害情報

「NHK ニュース・防災」は、NHKのニュースや天気予報、災害情報などを配信しているアプリ。アプリ名に「防災」とあるように、台風や土砂災害、竜巻、大雨などあらゆる災害情報が網羅されているのが特徴です。アプリの利用は無料です。

ニュースの掲載期間は2日間。前日の午前0時以降に掲載したニュースを表示する仕組みです。地域ニュースを設定しておけば、自分の知りたい地域ニュースをまとめて閲覧できます。これはNHKの各放送局に基づいたものです。

また、アプリの設定画面で「地域の設定」は最大3か所まで設定可能。地域を設定すると、それぞれの地域の天気予報、災害情報、避難情報が表示されるようになります。プッシュ通知の設定も可能です。熱中症情報も知らせてくれます。

NHKの防災アプリで河川カメラを閲覧

マップでは、洪水と土砂災害に対応するハザードマップも確認可能。雨雲データマップやメッシュ天気、土砂災害危険度マップなど、さまざまなマップを用意しています。

さらに、河川情報マップ(大河川)では、川をタップすると水位などの情報を確認できるほか、およそ2600か所ある河川カメラも閲覧可能。家に居ながらにして、水害情報を細かくチェックできます。

このほか「NHK ニュース・防災」は、大雨に警戒などのライブ映像も配信。ニュースや天気予報といった日常に必要な情報から、いざ何かがおきたときの災害情報までを、このアプリひとつでチェック可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事