ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

動画の見過ぎを防げるYouTubeアプリの通知機能

ついついYouTubeを見過ぎてしまう人は、休憩やおやすみ時間のYouTubeアプリ通知機能を有効にしておきましょう。指定した時間に通知があり、再生が一時停止されるので自分で止められなくてもストップをかけてくれるので安心です。ちなみに、毎日どれぐらい動画を見ているかは、「視聴時間」でチェック可能。そのほか、YouTubeアプリの便利な機能を紹介します。


動画の見過ぎを防げるYouTubeアプリの通知機能

YouTubeアプリの通知機能で再生停止

YouTubeアプリのホーム画面右上のユーザーアイコンから管理画面を開き、「視聴時間」を選択。日別の平均視聴時間が表示され、どれぐらい動画を見ているか確認できます。

このページ下部に「YouTubeの利用時間を管理するためのツール」が並んでいるので、ここから視聴時間に関する通知設定を行うことが可能。通知項目をタップして、通知を表示するタイミングを設定しておきましょう。

「あと1本だけ」を繰り返して気づけば2時間経っていた…そんな経験は誰しもあるはず。設定した時間になると通知が表示され、動画の再生が止まるので自制できます。

YouTubeアプリホーム画面の動画再生

YouTubeのホーム画面でのプレビュー再生は、以前は冒頭だけでしたが、現在は全編再生されるように仕様が変更されました。余計なギガを消費したくないのであれば、設定を変更しておきましょう。YouTubeアプリのホーム画面の自動再生を止めるなら「設定」→「全般」→「フィードで再生」を選択し、「Wi-Fiのみ」に変更しておくのがおすすめでです。

また、YouTubeアプリで好みではない動画がおすすめに表示されて邪魔な場合は、興味が無いことをYouTubeに通知しましょう。以降、非表示化されるようになります。

具体的には、非表示にしたい動画のメニューを開いて「興味なし」「チャンネルをおすすめに表示しない」のいずれかを選択。動画がおすすめに表示されなくなります。非表示化を取り消す場合は、「元に戻す」を選択すればOKです。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事