ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

催涙スプレー

粘着性のあるジェルを噴射する催涙スプレー登場

粘着性のあるジェルを噴射する新しいタイプの催涙スプレーが登場しました。ジェルを噴射することで相手の視界を奪い、発色性の高い塗料で犯人を追跡するマーカーにもなります。さっそく催涙スプレーを噴射し[…続きを読む]

催涙スプレーはピストル型のほうが命中率アップ

防犯グッズの1つに催涙スプレーがあります。催涙スプレーは小型のスプレータイプが多い一方、あまり親しみのない形状のため狙いが定めにくいのが難点です。そんな催涙スプレーはピストル型を使うと命中率が[…続きを読む]

特殊警棒に催涙スプレーを仕込んだ進化系グッズ

特殊警棒は、警察官の装備としても採用されている護身グッズ。この特殊警棒を自在に回転させて使用できる特殊な取っ手が付いただけでなく、催涙スプレーまで仕込んだ進化系グッズを紹介しましょう。しかも特[…続きを読む]

催涙スプレーは防塵マスクでないと防ぎきれない

マスクには医療用・産業用・防災用などの用途別に種類があります。単価約2円から1,000円のものまでどの程度、マスクに性能差があるのでしょう。そこで、至近距離から催涙スプレーを噴射してマスクへの[…続きを読む]

催涙スプレー付きシールドが窓口に置かれている

なんの変哲もないただの受付ボードに見えますが「レニーガード」は公共機関、金融機関、一般店舗などで幅広く利用される信頼の厚い催涙スプレー付き防犯用シールドなのです。防御しながら相手の目を一瞬にし[…続きを読む]

催涙スプレー付きアラームライト

夜道を照らすライト、周辺の人間に危険を伝える警告アラームは護身グッズの定番ですが、相手にダメージを与える物ではないので、心もとないと思う人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが催涙スプレー機[…続きを読む]



催涙スプレーの噴射性能を試してみた!!

暗い夜道などで不審者に襲われたときのために、防犯用に持っておきたいのが催涙スプレーです。そんな催涙スプレーで、熊も一撃で退散させる米軍仕様が「ポリスマグナムファイヤーマスター」です。クマを撃退[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]