ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「110番」「 119番」のほかにもある3ケタ特番とは

警察への通報は110番、消防署への119番というのは、ほとんどの人がご存じでしょう。しかし、それ以外にも数多くの3ケタでつながる電話番号が存在し、さまざまなサービスに使われています。今回は、使いこなすと意外と便利なもの、最近新たに追加されたサービスなどなど、3ケタ特番の最新事情を紹介します。


「110版」「119番」のほかにもある3ケタ特番とは

3ケタ特番がすべて1から始まる理由

警察への通報で使う110番のように、たった3桁でかかる番号は3ケタ特番と呼ばれています。普通の電話番号は5~11ケタあるので、確かに特殊な番号です。そして3ケタ特番の特徴は、すべて最初が「1」で始まることです。

その理由は、昔の電話機がダイヤル式だったことにあります。ダイヤル式の場合、番号によって回す時間が違い「1」が一番短く「0」が一番長くなります。3ケタ特番は緊急性が高いものも多く、回す時間が一番短い「1」が選ばれたというわけです。

また、日本の電話番号で1から始まるものは3ケタ特番以外ありません。そこで、普通に電話をかけるときに間違えて特番にかける、といったことが起きにくい仕組みになっています。

海上での事故には118番の3ケタ特番

3ケタ特番でもっとも有名なのは、110番のほか消防・救急の119番でしょう。また、太平洋や日本海などの海上では警察と消防・救急の両方を海上保安庁が兼ねています。こちらの場合は118番を使います。

意外と便利なのが113番。これは電話の故障などの受付用ですが、携帯電話の場合は基地局の電波状況を調べるてもらえます。また、NTTの固定電話同士限定ですが、相手の通話が終わったら通知を受け取れる159番というサービスもあります。

そして、いざというときに備えて覚えておきたいのが、災害伝言ダイヤルの171番です。これは、大規模災害の際、被災地からメッセージを残せるサービス。安否を知りたい側は、同じ171番かネットサイトの「Web171」で電話番号からメッセージを検索できます。


最近になって追加された3ケタ特番

ここまで紹介した3ケタ特番は、緊急性が高いため通話料無料です。一方で、通話料金がかかる3ケタ特番もあります。電話番号を調べる104番や時報の117番、天気予報の177番などが代表的でしょう。なお、177番の前に固定電話の市外局番を入れると、その地域の天気予報が聞けます。

最近になって増えた3ケタ特番としては、188番と189番があります。188は消費者庁が行う相談サービス「消費者ホットライン」へとつながります。以前は0570で始まる番号を使用していましたが、より利用しやすいよう「(そんな商売)いやや」にちなんだ番号になったそうです。

189番は「児童相談所全国共通ダイヤル」で、最寄りの児童相談所へつながります。こちらは児童虐待等の通報を「いちはやく」ということで選ばれた番号だとか。なお、188番と189番はナビダイヤルを利用しているので、その分の通話料金が発生します。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。