ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ひと工夫で大幅にiPhoneの電池が節約できるワザ

iPhoneユーザーであれば、誰しもバッテリーの減りは気になるもの。充電器やモバイルバッテリーを持ち歩いてカバーする方法もありますが、できれば本体だけで電池を長持ちさせたいところです。実は、iPhoneを使う際、ちょっとした工夫をするだけで大幅に電池が長持ちするワザもあるので、すぐにでも試してみましょう。


ひと工夫で大幅にiPhoneの電池が節約できるワザ

低電力モードでiPhoneの電池節約

iPhoneで電池を節約する方法として、まず思いつくのが低電力モードを使うことでしょう。低電力モードは、電池残量が20%を切ると自動で切り替わるほか、手動で設定することも可能。その場合、「設定」→「バッテリー」で現れる画面で「低電力モード」をONにします。

低電力モードに設定した場合、まずCPUの使用率が40%以下に制限されます。そこで、CPUフル使用が前提の高画質動画再生やゲームなどは動きに問題が出てきますが、SafariでWebを見たりメールやメモを取ったりする程度であればとくに問題なく使えます。

また、メールの自動取得、アプリの自動ダウンロード・バックグラウンド更新、Siriの音声起動、iCloudの自動同期といった機能がOFFになります。これらの機能は、常に起動して電力を消費するため、カットすることが電池の節約につながるのです。メールとSiriについては、必要に応じてアプリを起動すれば使えます。

画面表示OFFでiPhoneの電池を節約

iPhoneの電池を節約できる低電力モードですが、iPhoneにはそれ以外に標準で電池の消費を抑える機能が盛り込まれています。それは、下向きに置くだけで自動的に画面表示がOFFになる、というもので「フェイスダウン検知」と呼ばれています。

スリープ状態になる自動ロックと違い、画面表示がOFFになるだけので、iPhoneを手に持つとパスコードや指紋認証なしで画面表示がすぐ復活します。画面表示は、iPhoneの機能でももっとも多く電池を使うもののひとつなので、これだけでも大幅な節約につながります。

なお、フェイスダウン機能についてはiPhoneの設定でON/OFFを行うことはできません。逆にいえば、特別に設定することなしに常に動作するので、iPhoneユーザーであれば今すぐ試したい機能でしょう。ただし、iPhoneの「自動ロック」を「なし」に設定していると、自動ロック設定が優先されます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事