ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

宝くじの買い方「福連100」「福バラ100」とは?

「宝くじ」は夢を買う物、買わなければ当たる可能性はゼロのまま…といわれます。その夢を少しでも楽しむため、先人たちはさまざまな買い方を考案してきました。当選確率が上がるかもしれない「福連100」「福バラ100」など、宝くじをより楽しむための買い方を見ていきましょう。


宝くじの買い方「福連100」「福バラ100」とは?

宝くじの買い方の基本がバラと連番

宝くじをより楽しむための買い方の前に、基本となる「バラ」と「連番」を復習しておきましょう。宝くじ公式サイトでは、以下のように定義されています。

「バラ」とは、連続していない番号で、末尾は0~9の数字が入っている10枚のセット。「連番」とは、組と番号の上5ケタまでは同じで、末尾の番号が0~9まで連続している10枚のセット。0~9まで入っているので、1枚は末等の300円が当たることになります。

そして、このバラと連番を応用した購入方法が「縦バラ(3連バラ)」「縦連(通し)」「福バラ100(特バラ)」「福連100(特連)」です。確率を計算すると結局は同じ…という結論になりそうですが、そこは目をつぶって夢を見ましょう。

宝くじの買い方に連番10セット100枚

縦バラ(3連バラ)は、10枚の1セット単位ではバラバラですが、複数セットで見ると縦の番号が連番になる買い方。前後賞を狙うために、30枚以上からが基本となります。

縦連(通し)は、10枚ずつのセットの番号を連続で購入する方法。「連番」の場合はセットごとに番号が連続していません。

福バラ100(特バラ)は、組が01~100までの100種類。下2ケタが00~99まである、バラ10枚の10セットです。

福連100(特連)は、連番10枚×10セットで100枚、10種類の組で構成されます。下2ケタが00~99まで揃います。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。