ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

非常持ち出し袋に入れるべき3つの便利アイテム

避難所生活用に寝袋や毛布が必要ですが、合わせて準備をしたいのが「エアマット」です。避難所の床はたいてい固く冷たいため、日中の生活はもちろん、就寝時には体に大きな負担がかかります。また、避難時に重要になるのが着替えです。非常持ち出し袋に入れておきたい3つの便利アイテムを紹介しましょう。


非常持ち出し袋に入れるべき3つの便利アイテム

非常持ち出し袋にアルミマットを用意

空気を入れて膨らませるタイプのエアマットがあれば、快適性が大きく跳ね上がるので、リュックに余裕があればぜひ追加して下さい。特に冬場の避難所では、マットの有無が大きな差となります。

山善の「エアーマット」は、マット・シート・ポンプ・補修シールのセット。特徴は安さと快適性。マットの厚みが8cmもあり、高級なマットに引けを取らない快適さを実現しています。実勢価格は973円です。

非常持ち出し袋の容量に余裕がない場合でも、最低限のシートは用意しましょう。ブルーシートより少し厚みのある「アルミマット」があるとよいでしょう。実勢価格は110円~とお手頃です。

非常持ち出し袋にトラベル用ショーツ

水害避難時に、特に重要になるのが着替えです。避難中に濡れた場合、着替えやタオルが無いと避難所でそのままの格好となり、季節によっては体温が急速に奪われるため命に関わります。

1回分の肌着一式とタオルは、濡れないように衣類圧縮袋などに入れて用意しておきましょう。室内で履くスリッパもあると避難所で役立ちます。

キャンドゥの「トラベル用ショーツ」は、旅行用の使い捨て紙下着。水濡れ用の着替えとして使えますし、避難生活が長くなる場合は、下着だけでも交換できるとメンタル的に楽になれます。着替えと合わせて圧縮袋へ入れて非常持ち出し袋に入れて置きたいアイテムです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。