ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホの動画をH.265形式にしてコンパクトに

お気に入りの動画ファイルは、好きなだけスマホで持ち歩きたいものです。そこで最新の圧縮形式であるH.265形式にして、スマホの動画ファイルを超コンパクトにしましょう。実際にスマホの動画を変換したところ、ファイル容量を半分ほどに圧縮できました。



スポンサーリンク
スマホの動画をH.265形式にしてコンパクトに

スマホの動画をH.265形式に変換

そこで、スマホの動画ファイルは最新の動画圧縮規格のH.265に変換できる「HandBreak」を使用。これまでの定番だったH.264形式よりも高画質のままファイル容量を小さくできるのが特徴です。

HandBrakeは無料ソフト。対応OSはWindows10/8/7/Vista/XP、MacOSX10.6以降となっています。HandBrakeのサイトからダウンロード可能です。

HandBrakeを使った圧縮はメイン画面の「Video」タブ内「VideoCodec」でH.265を指定するだけ。スマホの動画ファイルに手間なく変換できます。

スマホの動画が容量半分に圧縮

スマホの動画をH.265形式にする実際の手順は、まずHandBreakを起動。画面左上の「Souce」から「File」を選び、変換したい動画を指定します。さらに「Video」タブの「VideoCodec」で「H.265(x265)」を選択すればOKです。

そして「Output Setting」にある「Container」で「MP4」を選び直します。画面左上の「Start」を押すと動画の変換がスタート。5分の動画なら10~20分ほどで変換完了です。

スマホ用に同じ動画ファイルを圧縮したところ、H.265が156.5Mバイト、H.264が306.8Mバイト。H.265の方が若干、解像感が高く、ファイル容量が半分ほどに圧縮されました。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「スマホで動画」おすすめ記事
XMedia Recodeの使い方!スマホで動画を楽しむ
スマホでテレビを見るロケフリ機能を使いこなす
BDZ-ET2200でスマホから録画番組を見る方法
Slingbox M1でスマホでテレビ録画を見る方法
スマホで動画ファイルをダウンロードする方法

■「スマホ」おすすめ記事
CDレコはPCなしで音楽CDをスマホに取り込む

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事