ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アルコール分解にはグレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースには、アルコールの代謝を促進するクエン酸や果糖が多く含まれています。急性アルコール中毒者に飲ませると効果的といわれるほどです。そこで、グレープフルーツジュースがアルコール分解薬としてどれほど効果があるか実験してみました。



スポンサーリンク
アルコール分解にはグレープフルーツジュース

アルコール分解に効果があるか実験

さっそくグレープフルーツジュースがアルコール分解に効果があるかどうかの実験を見て見ましょう。実験は呼気中アルコール濃度が酒気帯びに該当する0.15mg/l以上に達するまで500ml缶ビール1本程度を飲酒します。

その状態が15分以上継続したら、アルコール分解薬として100%グレープフルーツジュースを摂取。15、30、45、60分後の呼気中のアルコール濃度を実際に測定しました。

ちなみにアルコール測定機は、官公庁や運輸業などの企業が使用しているという「ソシアックα」を使用。マウスピースに直接息を吹きつけるので正確な測定が可能です。

アルコール分解の実験方法

アルコール分解に期待ができる結果

実際に呼気中アルコール濃度を測定してみたところ、実際に15、30分で急激な低下をみせ、1時間後には数値がゼロに。100%グレープフルーツジュースのアルコール分解効果に大きな期待ができる結果となりました。

なお、本記事は飲酒運転を推奨するための実験ではありません。あくまでアルコール分解について検証を行ったものです。飲酒運転は絶対に行わないで下さい。

また、アルコール代謝には個人差があります。すべての人に同様の効果があるとは限りません。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「アルコール分解」おすすめ記事
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮
酒気帯び運転にならないアルコール分解の時間は
アルコール分解時間が「五苓散料」で短縮した

■「アルコール」おすすめ記事
アルコールチェッカー内蔵のスマホバッテリー
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク
飲酒検問は幹線道路から1本入った通りが狙い目

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事