ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Bluetoothアダプタをヘッドホンに埋め込む改造

最近はBluetooth搭載のミュージックプレーヤーも普及。普段使っている愛用のヘッドホンも後付けのBluetoothアダプタでワイヤレス化できます。ですが、後付けゆえにBluetoothアダプタやケーブルが外に出てて不格好。そこでBluetoothアダプタをヘッドホンに埋め込む改造を紹介します。



スポンサーリンク
Bluetoothアダプタをヘッドホンに埋め込む改造

Bluetoothアダプタを埋め込む手順

後付けBluetoothアダプタでヘッドホンを使うのはイマイチ。ヘッドホンの内部にBluetoothアダプタを埋め込んでしまいましょう。さらに、有線利用やトランスミッタ機能も温存し、多用途な使い方が楽しめるようにします。

用意するのはヘッドホンと後付けBluetoothアダプタ、そのほかに4極ジャックも必要です。さっそく、Bluetoothアダプタをヘッドホンに埋め込む改造の手順を紹介しましょう。

まずは市販のBluetoothユニットを分解します。ツメでハマっているだけなので簡単に外せるでしょう。ヘッドホンの耳あて部分もツメで固定されているので分解。ドライバーでビスを外したら、ヘッドホン外側のパネルに電源と再生ボタンを取り付けるため新たに穴を開けます。

Bluetoothアダプタの使い方は3通り

Bluetoothアダプタのイヤホン端子にリード線をハンダ付けし、グルーガンでパネルに固定。イヤホン端子移設用の穴を、ヘッドホン下部に電動ドリルで新たに開けます。リモコン付きイヤホンなどに使われる4極ジャックをヘッドホンに組み込むのです。

Bluetoothアダプタのリード線を4極ジャックにハンダ付け。白=G、橙=R、黒=L、黄=Mです。ケーブルを根元から切断。イヤホン端子を取り付けスピーカーとケーブルをハンダ付けします。

Bluetoothアダプタを埋め込んだヘッドホンの使い方は3通り。内蔵したBluetooth利用のワイヤレスで聞く時は、両端がステレオミニプラグのケーブルでジャック同士を接続します。元々有線ケーブルが延びていたジャックにオス-オスのケーブルを差せば、有線ヘッドホンとして使えます。

さらに、受信した音楽を4極ジャックから出力。アクティブスピーカーにつなげば、ヘッドホンがトランスミッタとして使えるのです。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「Bluetooth」おすすめ記事
Bluetoothヘッドセットをカンニングに使う!?
Bluetoothキーボードは観音開きが使いやすい

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。