ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

2024年NTT固定電話IP化で使えなくなるサービス

NTTが全国に張り巡らせているアナログ回線の電話網は、インターネットでも用いられる「IP」を利用して設備コストを減らすという話が長年議論されてきました。そして、ついに2024年からNTTの固定電話アナログ回線をIP化することをNTT東日本・西日本が発表。IP化により、使えなくなる電話のサービスはどのようなものでしょうか。


2024年NTT固定電話IP化で使えなくなるサービス

NTT固定電話のIP化でトリオホン廃止

今回、NTT東日本・西日本が発表したのはアナログ回線だけでなく、デジタル回線のISDNを含めて2024年1月以降IP化するというものです。電話のIP化は、すでに光回線やCATVに導入されており、それに合わせたものといえます。なお、電話機については従来の機器をそのまま使えますが、一部サービスが廃止となる予定です。

2024年1月のNTT固定電話アナログ回線のIP化で廃止されるサービスのうち、利用者が多いものではNTTのISDNサービス「INSネット」のデジタル通信サービスがあります。INSネットのデジタル通信は、通信帯域(ビットレート)を保証するサービスのため、利用状況に応じてビットレートが変わるIP通信と相性が悪いためです。

また、交換機側によく発信する電話番号を登録し「*+2桁の数字」で呼び出す「短縮ダイヤル」も、交換機がなくなるため廃止。同様に、交換機側で留守のメッセージを流す「でんわばん」、交換機側で内線機能を提供する「ビル電話」なども廃止されます。

通話中に別の電話番号を呼び出し、3者間で通話ができる「トリオホン」は、高価な電話会議システムを用意することなく簡単に電話で話し合いができる便利なサービスでした。しかし、こちらも交換機を利用するサービスのため、IP化に伴い廃止されます。

NTT固定電話のIP化でマイライン廃止

NTT固定電話アナログ回線のIP化で、じつは一番影響が大きいと考えられるのが「マイライン」の廃止です。マイラインとは、あらかじめ登録した電話会社を優先的に利用するための仕組みで、マイライン登録をしていない電話会社を利用する際には「4桁の事業者番号+電話番号」のようにダイヤル・プッシュする必要があります。

現在、マイラインに加盟している電話会社はNTT東日本・NTT西日本・NTTコミュニケーションズ・KDDI・ソフトバンク・楽天モバイルとアルテリア・ネットワークスの7社。マイライン廃止後は、一般家庭の場合は同一都道府県内はNTT東日本・西日本、都道府県をまたぐ通話はNTTコミュニケーションズを利用することになります。

法人契約の場合、県内通話・県間通話の両方ともKDDIまたはソフトバンクで統一されている場合、マイライン廃止後は各会社に移行する予定です。なお、マイライン廃止後も「事業者番号+電話番号」とすることで電話会社を指定可能な仕組みは残りますが、NTT系列以外の固定電話回線の利用は大幅に減ることは間違いないでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事