ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

異色のレコーダー「nasne」がAmazonセール中!

ブラックフライデーといえば、本来アメリカ発祥の安売りデーですが、日本でもAmazonが大々的にセールを行うようになり、いまやおなじみとなりました。今年のAmazonブラックフライデーのセール品で注目の商品のひとつが、録画マニアが愛用するHDDレコーダー「nasne」で、セール期間中は定価の3000円引きで販売されています。


異色のレコーダー「nasne」がAmazonセール中!

nasneはLAN接続型の異色のレコーダー

HDDレコーダー「nasne」を販売するバッファローは、Amazon内にある同社直販ショップ「バッファローダイレクト」内でのnasne販売価格を、11月26日~12月2日のブラックフライデー期間限定で2万6800円へ値下げしています。nasneの通常販売価格は2万9800円のため、約10%オフの3000円引きです。

nasneは、テレビやPlayStationと有線LANで接続して利用する異色のHDDレコーダー。nasne本体には、アンテナ入出力と有線LANの端子しかなく、PlayStationと有線LANで接続してそこからHDMIでテレビへ画面を出力する、またはテレビを利用せずにWi-Fiルーター経由でWi-Fi対応のスマホやタブレット・パソコン(有線LANも可能)と接続して視聴する仕組みです。

PlayStationに接続してnasneを利用する場合、PlayStation側に無料アプリ「torne」をインストールします。バッファロー製nasneでは、これまでtorneはPlaStation4のみの対応でしたが、11月にPlayStation5向けtorneも登場し、より使いやすくなりました。

一方、スマホやタブレットでnasneの録画番組を視聴する場合は、「torne mobile」というアプリを利用します。torne mobileはiOS版とAndroid版があり、無料でダウンロード可能ですが、無料版で利用できるのはnasneのチャンネル選択や録画予約のみで、録画番組を視聴するには有料版へのアップグレードが必要です。

nasneのリモート視聴でワンセグ代わり

また、パソコンでnasneの録画番組を視聴する際には、Macはtorne mobileのMacOS版をダウンロードのうえ有料版へアップグレード、Windowsでは有料アプリ「PC TV Plus」を購入します。有料版の価格はtorne MobileのiOS版・MacOS版が610円、Android版が500円、PC TV Plusが3300円です。

nasneが人気となっている理由のひとつが、torneをはじめとするアプリの操作性が高い点。リモコンのボタンを何回も押して操作する他のHDDレコーダーと異なり、torneをはじめとするnasne向けアプリはマウス操作や画面スワイプで高速に録画設定や録画番組の再生が行えるのです。

また、nasneはその仕組み上リモート視聴が可能で、自宅内のLAN接続機器だけでなく、外出先からも番組の再生が可能。さらに、放送中のテレビ番組のリアルタイム視聴も行えるため、電車内からnasneを通してスポーツ番組を見るといった具合にワンセグ代わりとしても活用できるのです。

ただし、torne mobile・PC TV Plusに共通することとして、外部視聴に関しては90日ごとに利用するスマホなどを登録し直す必要があります。これは、リモート視聴に関する規格による制限によるもので、登録作業はnasneが接続されたLANからのみ行えるため、長期出張の際には注意が必要です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事