ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新モデル「Fire TV Stick 4K Max」進化ポイント

初代が登場した2014年から進化し続けてきたAmazonのストリーミングデバイス「Fire TV」シリーズ。2021年10月、新たなモデルが誕生しました。4Kモデルとしては約3年ぶりのリニューアルとなる「Fire TV Stick 4K Max」です。新モデルとなったFire TVがどのように進化したのか、詳しく見ていきましょう。


新モデル「Fire TV Stick 4K Max」進化ポイント

Fire TV Stick 4K Maxはメモリが2GBに

Amazonのストリーミングデバイス「Fire TV」に新モデルが登場しました。その名も「Fire TV Stick 4K Max」で、実勢価格は6,980円となります。ちなみに、前モデル「Fire TV Stick 4K」は絶賛値下がり中です。

2018年版でベースは完成したということなのか、画質と音質の大きな更新はありません。ですが、実際に使ってみるとリモコンも含め操作性は大幅に向上しており、2世代以前の機種なら買い替えを検討する価値はあるでしょう。

前機種Fire TV Stick 4Kからの進化ポイントは3点あります。Fire TV Stick4K Maxの進化その1は40%のパフォーマンスUPです。メモリは1.5GBから2GBに、プロセッサーはQuad Core1.7GHzから1.8GHzにアップしました。

Fire TV Stick 4K MaxはWi-Fi6に対応

これにより、リモコン操作の反応の遅れはほぼ皆無な上、動画が再生されるまでの時間が短縮。再生ボタンを押すと1~2秒で動画がスタートします。

Fire TV Stick 4K Maxの進化その2は、Wi-Fi6に対応したことです。Fire TVの中で唯一、Wi-Fi6に対応しており、4Kの重い動画でも止まらず再生し続けます。

実際にWi-Fi6対応のルーターに接続し、Fire TV Stickの速度を「Fast.com」で計測した数値は63Mbpsでした。4K視聴には25~30Mbpsが必要と言われていますが、これなら余裕でしょう。

Fire TV Stick 4K Maxの進化その3は、リモコンが第3世代になったこと。前機種に付属するリモコンは第2世代でしたが、4K Maxからはダイレクトボタン付きの第3世代になりました。Alexaの音声検索にも対応しています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事