ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

山手線に唯一残っている「踏切動画」が今アツい

今年初め、東京都心の大動脈・JR山手線の踏切を廃止する工事を始めることが国から発表されました。このニュースを聞いて「山手線に踏切なんてあるの?」と思った人も多いでしょう。じつは、いまだに1か所だけ残る山手線の踏切は鉄道ファンの間で有名なスポット。そして、その紹介動画も数多く公開されています。


山手線に唯一残っている「踏切動画」が今アツい

山手線の第二中里踏切が残された理由

鉄道と道路の交差点に設置される踏切は、渋滞や鉄道事故の危険があることから、列車の運行本数が多い都市部ではその数は年々減っています。ところが、日本を代表する路線のひとつ、JR山手線にはいまだ踏切が設置されている地点が1か所残っているのです。

現在、山手線にある唯一の踏切は駒込駅~田端駅にあり、「第二中里踏切」という名称となっています。「第二」が名称に含まれていることからわかるように、かつては第一中里踏切も存在しましたが、昭和の時代に廃止され今に至っています。

第二中里踏切が残された理由は、はっきりとは公開されていません。しかし、現地の状況から廃止しにくい踏切であることもわかります。というのも、第二中里踏切のすぐ下には埼京線などが通過する山手貨物線があるため、山手線の下に道路を通過させることが難しいのです。

山手線の第二中里踏切は撮影スポット

山手線唯一の踏切ということもあり、第二中里踏切は鉄道ファンの撮影スポットとして有名で、ネット上では数多くの動画を見つけることができます。なかでも、鉄道YouTuber・鈴川絢子さんの「山手線ひとつだけの踏切 第二中里踏切にいってきた」は、第二中里踏切が地形も含め、わかりやすく紹介されています。

鉄道ファンに愛されてきた第二中里踏切ですが、じつは2017年から国土交通省により「改良すべき踏切道」に指定されており、国は鉄道を管理するJR東日本と道路を管理する東京都北区へ廃止の検討を求めていました。そして、2020年12月にJR東日本と北区は第二中里踏切の廃止で合意。2021年3月にそのための事業が認可されました。

第二中里踏切の廃止では、約150mほど東側に新たに立体交差の道路を建設し、その完成と同時に踏切が廃止される見通しです。実際の工事には10年程度かかると予想されるため、すぐに第二中里踏切が見られなくなるわけではありませんが、興味のある人は早く訪れたほうがよさそうです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。