ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「nasne」で外出先からテレビ番組リモート視聴

テレビに直接ケーブルでつなぐのではなく、LAN経由で接続するHDDレコーダー「nasne」は、再生用アプリである「torne mobile」の操作感が優れていることから、録画マニアが愛用していることでも有名です。さらに、torne mobileとnasneを組み合わせることで、どこからでも自由にテレビ番組を楽しむことができるのです。


「nasne」で外出先からテレビ番組リモート視聴

nasne視聴再生機能をオプション購入

バッファローが発売するHDDレコーダー「nasne」は、LAN経由でテレビを視聴するという珍しい仕組みを採用しています。nasneがLAN経由でテレビ映像を送信するのは、もともとPlayStation(PS)シリーズに接続して使用することが前提のHDDレコーダーのためで、2019年までnasneはPSの開発元であるSIEが販売していました。

2021年3月から販売中のバッファロー製nasneも、PS4・PS5に対応しており、PS4・PS5でnasneを操作するためのアプリ「torne」はPSストアから無料ダウンロードできます。しかし、じつはPS4・PS5を持っていないユーザーも、スマホ用アプリ「torne mobile」を利用すればnasneが利用可能です。

torne mobileは、Android向けとiOS・Mac向けが用意され無料ダウンロードが可能ですが、そのままではnasneの録画予約や番組表の閲覧しか行えません。テレビ視聴再生には「視聴再生機能」のオプションの購入が必要で、Android向けは500円、iOS・Mac向けは610円です。

nasneは、地デジ用とBS・CS用のチューナーを内蔵していますが、同時録画・視聴は1チャンネルのみで、テレビ番組録画中はその放映チャンネルしか視聴ができません。しかし、nasneには録画だけでない便利な使い方があり、それがリモート視聴用としてnasneを活用するものです。

nasneのリモート操作や視聴が可能に

もともとLAN接続で利用するnasneは、同じLANに接続されたスマホだけでなく、外出先からでもリモート操作や視聴が可能。その方法は簡単で、nasneの設定画面からリモート視聴に使うスマホをペアリング設定するのみです。これで、ペアリング設定が有効になる3か月間、外出先からnasneをリモートで利用できるようになります。

外出先からnasneへアクセスすることで、nasneに録画された番組再生だけでなく、放映中のテレビ番組のリアルタイム視聴も可能。現在、ワンセグのテレビチューナーを内蔵するスマホはほぼ販売されていませんが、自宅に設置したnasneへアクセスするすることで、ワンセグ同様にテレビを楽しむことができるのです。

ネット経由でのテレビ視聴サービスとしては、TVerやNHKプラスがありますが、いずれも地上波番組のみの配信で、TVerは放送と同時配信される番組はごくわずかです。一方、nasneを利用すれば設置場所の地上波だけでなくBSや110度CSも視聴可能となるため、とくにスポーツ中継を楽しむ際に威力を発揮します。

ただし、nasneでテレビをリモート視聴する場合、データ通信量が大量に発生するため、携帯電話回線を利用する場合は要注意。地デジでサッカーの試合を1試合フルに視聴した場合のデータ通信料は約11GBとなり、あっという間にデータ通信量の上限に達する可能性が高いのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事