ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

お引越しダビングというnasne新機能で何できる?

2021年春にバッファロー版が登場し、華麗な復活を遂げたネットワークレコーダー「nasne」。同11月下旬のアップデート(バージョン4.00)で、ついにPS5に対応するなど、さらにパワーアップしています。特に廃人にはうれしい「お引越しダビング」という機能が追加されており、nasneのヘビーユーザーには見逃せない更新といえるでしょう。


nasne新機能「お引越しダビング」使い勝手は?

「お引越しダビング」がnasneに追加

2021年11月24日、nasneのシステムソフトウエアバージョン4.00が公開され、大幅に機能が拡張されました。というわけで、nasneの新機能を見ていきましょう。

今回のアップデートでnasneに追加されたのが「お引越しダビング」。同一ネットワークに接続されたnasne同士で録画番組を一括ダビングする機能です。

お引越しダビングは「バッファロー版→バッファロー版」のダビングはもちろん、「SIE版→バッファロー版」へのダビングにも対応。ただし、お引越しダビングで「バッファロー版→SIE版」へのダビングは不可で、番組ごとのダビングにも非対応です。

お引越しダビングで複数台nasne運用

あくまで“お引越し”機能なので、できるのは一括ダビングのみ。容量の少ないSIE版を大容量のバッファロー版にお引越しダビングで移行するといった用途となるでしょう。

nasneのデータを移行するには、これまでバッファローが提供する有償のデータ復旧サービス(43,350円!)を使う以外方法がなかったので、お引越しダビングは複数台のnasneを運用している録画廃人には待望の機能といえるのです。

お引越しダビングはtorneからではなく、ブラウザからアクセスできるnasneホームから行います。お引越しダビングには複数のnasneを同一ネットワークに接続する必要あり。お引越しダビングは個別の番組のダビングはできず、あくまでもデータを移行して“お引越し”するための機能です。


お引越しダビングと同時リリースの機能

お引越しダビングを含むアップデートと同日にリリースされたのが、PS5版torne。ついにPS5でnasneを使ったテレビ番組の録画や視聴ができるようになったのです。

基本的な機能はPS3やPS4と同じで、快適なUIやサクサク動く番組表などはすべて引き継いでいます。PS5版だけの機能といえば「オトイイネ」でしょう。

新機能「オトイイネ」は、PS5の音質を向上させるための別売り(1,320円)の拡張機能。音声について圧縮時に失われがちな微小な音を再現して、オリジナル音源に近い広がりのある音質にするというものです。

もう1つは、PS5のメディアリモコンに対応した点で、ゲームパッドを使わなくても片手で操作できるのがメリットです。PS5をテレビとして使いたいユーザーには朗報といえるでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事