ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

5KPlayerの使い方でダウンローダーとしての実力度

動画プレーヤーやダウンロードツールなどをネットで検索すると、かなりの頻度で目にするのが「5KPlayer」です。公式サイトでうたわれているように「最高なソフト」なのかを検証してみます。動画プレーヤーの実用度、DLNA機能は使えるのか、ダウンローダーとしての実力という3つの視点で5KPlayerの使い方を検証しました。


最近やたら目にする「5KPlayer」の使い方を検証

5KPlayerの使い方でDLNA機能は使えるか

さっそく、5KPlayerの使い方を検証していきます。まずは5KPlayerの動画プレーヤーとしての使い方の実用度を見ていきましょう。MP4やH.265/264など対応形式も多く、拡張子を関連付けて利用することも可能。グラボ側のエンコード機能を選択できるなど、再生プレーヤーとしてはかなり高機能で、メインプレーヤーとして使える実力は備えています。

5KPlayerの使い方としての動画プレーヤーは動作が軽く、ダブルクリックまたはEnterキーで「元サイズ→全画面」切り替えが可能。慣れれば使いやすそうな操作感でした。

続いて、5KPlayerの使い方でDLNA機能が使えるのかを見ていきましょう。AirPlayでiOS端末にPCの動画をリモート配信したり、他の機器からPC内のライブラリにアクセスして再生できます。ただしDTCP-IPには非対応なので、BDレコーダーやnasneなどに録画された著作権コンテンツは視聴できません。

5KPlayerに使い方にダウンローダー

最後に、5KPlayerの使い方でダウンローダーとしての実力を見ていきましょう。5KPlayerの使い方として、300以上のあらゆる動画サイトに対応し、URLをコピペするだけで元ファイルを入手できる…といったことを売りにしています。

公式サイトに5KPlayerの使い方として紹介された動画サイトは、既に閉鎖されたり汎用ツールでは太刀打ちできない中華サイトも含まれているので、その数は誇張し過ぎでしょう。

とはいえ、確かに主要動画サイトでは、どんな形であれ保存はできました。ただし、多くの動画サイトでは、利用規約でダウンロードを禁止している点には要注意。また、5KPlayerの使い方として違法コンテンツのダウンロードはNGです。


5KPlayerの使い方で注意したい挙動

5KPlayerの使い方としてはTwitterに貼られた動画も、URLを指定すればダウンロードすることが可能。そして、ファイル形式などによってダウンロードできない場合は、同ベンダーによる上位版ソフトの使用を検討するよう促されます。

結論としては、それなりに使えるプレーヤーを無料で配布し、有料の上位製品「VideoProc Converter」などの購入を促すポップアップ広告を常駐させるビジネスモデル…というのが実態といえます。リンク先は一般ブログを装ったランディングページなども多く見られました。

また、5KPlayerの使い方で注意したいのが、ウインドウを閉じてもOSに常駐する挙動のためアンインストールに失敗しやすかったり、セットアップ時にメール認証を求められるなど、嫌悪感をいだきやすい仕様であること。あくまで自己責任で5KPlayerの使い方を試してください。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事