ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

YouTube検索演算子なら見たい動画を賢く探せる

「検索演算子」とは、検索キーワードに付加することで、特殊な検索や絞り込みができる記号などのことです。YouTubeではGoogleのWeb検索と同じように検索演算子が利用可能。YouTubeで目的の動画をスピーディーに見つけられるようになるので覚えておきましょう。YouTubeの検索演算子の使い方を見ていきます。


YouTube検索演算子ほか見たい動画の賢い探し方

YouTube検索演算子でタイトルで探す

YouTubeの検索演算子で「キーワード -除外ワード」とすることで、避けたいワードを含んだ動画がヒットしなくなります。「巨人 -野球」など使い道はいろいろです。

YouTubeの検索演算子「allintitle:キーワード」で検索すると、タイトルにそのキーワードを含んだ動画のみがヒットします。動画タイトルがわかっている時に使えるでしょう。

YouTubeで検索演算子「キーワード1 or キーワード2」で検索すると、どちらかのキーワードを含んだ動画を探せるようになります。

YouTube検索演算子で完全一致ワード

YouTubeで検索演算子「”キーワード”」のように「”」で囲むと、そのキーワードと完全一致するキーワードを含んだ動画だけを抽出できます。

なお、どうしても見つからない動画は、Googleを活用するのも手。Googleで動画検索をして、検索窓の下に並ぶメニューにある「ツール」を活用するのです。検索結果をさまざまな条件で絞り込めます。

「すべてのサイト」を「youtube.com」に変更すると、YouTubeの動画だけがヒットするように変更可能。YouTube検索とは違ったロジックで検索結果が表示されます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事