ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ストリーミング端末の新勢力「Nebula」使い勝手

いまストリーミング端末の新勢力の1つとして注目を集めているのが、アンカー・ジャパンの「Nebula 4K Streaming Dongle」です。スマートプロジェクターを展開している、Nebulaブランドからのリリースとなります。Android TV10.0を搭載するNebula 4K Streaming Dongleを詳しく見ていきましょう。


ストリーミング端末の新勢力「Nebula」使い勝手

Nebula 4K Streaming Dongleは高め

ストリーミング端末の新勢力「Nebula 4K Streaming Dongle」の実勢価格は8,980円。先行するChromecastやFireTVよりもやや高めですが、性能や機能は両者のいいとこ取りといった感じです。

ホーム画面は上段にお気に入りのアプリが並び、その下におすすめ動画が表示される設計。この点はFire TVと同じですが、Nebulaはアプリごとにおすすめ動画が表示されるため、非常に見やすくなっています。

「おすすめ」の画面では、視聴履歴などに基づいたおすすめ動画が表示される仕組み。アプリ別ではなく動画のジャンル別にカテゴライズされており、横断的に動画を探せるのは便利でしょう。ダウンロードしたアプリは、「アプリ」の画面に一覧表示されます。

Nebula 4K Streaming Dongleのアプリ

Nebula 4K Streaming DongleはアプリをGoogle Playからダウンロード。YouTubeやNetflixはもちろん、NHK+、TVer、TELASAなど、主要な動画アプリは漏れなくカバーしています。

見たい動画を選択すると、配信先を一覧表示。サブスクではない単品購入の場合は価格も表示されるので、いちいちアプリを開いて確認する手間がいりません。

リモコンはFire TVのサイズに近い印象。入力切り替えボタンもあります。YouTubeとNetflix、さらにプライム・ビデオのダイレクトボタンが揃うのも高ポイントです。

Nebula 4K Streaming Dongleはリモコン操作もサクサクで、Chromecas with Google TVやFire TV Stick 4K Maxなどのストリーミング端末と比べても引けを取らない印象です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事