ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドンキにREGZA…ストリーミングデバイス新勢力

テレビでYouTubeを見る方法で現在のトレンドは、ネット接続可能なスマートテレビか、「Fire TV」などのストリーミングデバイスを用いるか。スマートテレビが一般化しているなか、一方のストリーミングデバイスも、Fire TVやChromecastとは異なる、新勢力が続々と登場しています。新勢力ストリーミングデバイスを見ていきましょう。


ドンキにREGZA…ストリーミングデバイス新勢力

ストリーミングデバイスにREGZA登場

国内外のさまざまなメーカーがストリーミングデバイス部門に参入しています。いずれもAndroid TV OSで、プラットフォームはGoogle TVを採用しています。

このため、どのストリーミングデバイスも基本的な使い勝手はChromecast with Google TVと同じ。代表的な3モデルをざっと紹介していきましょう。

「REGZA TV スティック」は、IRIEなどのテレビブランドを展開しているFFF SMARTLIFE CONNECTEDから発売された、REGZAブランドのストリーミングデバイスです。

解像度は4K/60fpsで、HDR規格はHDR10とHLGに対応しますが、高価な上に突出した機能は正直ありません。レグザらしさはどこに…という感じではありますが、発売後すぐに品切れとなっており、レグザブランドの人気の高さがうかがえます。実勢価格は11,500円です。

ストリーミングデバイスをドンキ発売

ドン・キホーテのPBからはリーズナブルな4Kモデルのストリーミングデバイス「4Kスマートドングル」が登場。安さばかりに目が行きがちですが、最大の特徴はAndroid 11.0ベースのAndroid TV 11.0を搭載していること。

それ以前のOSでは非対応だったNTFSなどのファイルフォーマットに対応しました。本機に外付けHDDを接続して、保存していたさまざまな動画ファイルをテレビで見られます。実勢価格は6,980円です。

XiaomiのOSといえばMIUIですが、ストリーミングデバイス「Mi TV Stick 4K」はAndroid TV 11.0を搭載。ただし、ドンキ製品のように外付けHDDの接続は考慮していないのか、HDD接続用の分岐USBケーブルは付属していません。

オーディオはDTS-HDとDolby Atmosに対応していますが、HDRは非対応のようです。実勢価格は7,056円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事