ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

nasneが10年以上も録画マニアに支持される理由

録画マニアにおなじみのネットワークレコーダー「nasne」は、2022年8月で発売10周年を迎えました。メーカーの変更などいろいろあったものの、1年でモデルチェンジが当たり前のレコーダーというジャンルで10年以上も“同じ商品”が売れ続けているのは前代未聞でしょう。nasneが録画マニアに支持される理由を見ていきましょう。


nasneが10年以上も録画マニアに支持される理由

nasneは元々ソニーから発売された

ネットワークレコーダー「nasne」が10年以上も売れ続けているのは、nasneがレコーダーとして非常に優秀で、かつ現在も進化し続けているからに他なりません。

nasneは元々ソニーから発売された製品で、当初はPS3用テレビチューナー「torne」の拡張機器でしたが、UIなどレコーダーとしての性能に優れていたことから録画マニアの間で人気を集め、ロングセラー商品となりました。

2019年に一旦販売を終了しましたが、PC周辺機器メーカーのバッファローがブランドを継承し、新モデルを発売して奇跡の復活。そして現在に至ります。

nasneは神アップデートを繰り返した

これまでもリモート視聴をはじめとする神アップデートを繰り返してきたnasneが、2022年7月に待望の「お引越しダビング」アプリをリリースしました。

今までのお引越し機能はnasne内の全録画データを一括で移す機能でしたが、今回のアップデートにより番組ごとの移動が可能に。専用アプリを使って、手軽に作業できるようになっています。

また、2020年にサービスが終了した「ニコニコ実況機能」が復活。再びユーザーたちと番組を実況しながら、視聴できるようになっています。これも往年のnasneユーザーにはうれしい機能でしょう。実勢価格は29,800円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事