ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

TikTok動画は編集アプリを使うと簡単に作れる

TikTokはショート動画を共有することがそもそものウリなので、YouTubeの動画よりも手軽に投稿できます。とはいえ、ひと工夫で動画のクオリティはグッとアップするもの。TikTok動画編集の基本を解説します。TikTok動画は編集アプリを使うと簡単に作ることが可能。「PowerDirector」の使い方を見ていきましょう。


TikTok動画は編集アプリを使うと簡単に作れる

TikTok動画編集は公式アプリでも可能

短い動画ゆえに気軽に投稿できるのがTikTokの魅力です。凝った映像編集が必須のYouTubeとは大きく異なる点といえます。TikTokは公式アプリだけでも撮って出しはOKです。

とはいえ、TikTokの動画は編集アプリを使うとより凝った動画が作れます。「PowerDirector」は、スマホで本格的な動画編集が可能なアプリです。

ステッカー・装飾・エフェクトなどたくさんの素材が用意されており、これらを配置するだけでも動画の雰囲気が一変します。より多くの素材を使うには有料登録(年3,800円)が必要なので、まずは無料版を試してみましょう。

TikTok動画は編集アプリで書き出し

PowerDirectorの使い方は「新規プロジェクト」を選択し、ベースとなる動画や写真を選択。下部のメニューから、追加したい項目を選びます。ここでは「テキスト」をチョイスしました。

任意のテキストを入力し、大きさ・フォント・色などを決定。編集が終わったら、「シェア」ボタンで動画を書き出します。無料版でもフルHD対応です。

「投稿」ボタンを押すと、紐付けたアカウントで投稿される仕組み。BGMが付けられるのは有料版のみなので、TikTok公式アプリでBGMを追加しましょう。これで十分満足できそうです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事