ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドンキの「スマモッチャー」が大ヒットした理由

「情熱価格」とは、ドン・キホーテが企画開発・販売するプライベートブランド。この情熱価格が特に注目を浴びたのは、2017年に発売して大きな話題になった「格安4Kテレビ」ですが、その後もさまざまなヒット商品を続々と送り出し続けています。そんなヒット商品の1つが「スマモッチャー」です。


ドンキの「スマモッチャー」が大ヒットした理由

スマモッチャーはWi-Fi防犯カメラ

ドン・キホーテのWi-Fi接続小型ネットワークカメラ「スマモッチャー」は、発売開始時から大ヒットを記録している防犯カメラ。アプリをスマホにインストールしてWi-Fi接続すれば、外出先でも手元のスマホでカメラの映像がリアルタイムで確認できます。

そして、スマホから画角の操作が可能で、レンズの稼働範囲は上下90度、左右355度となかなかの広さ。死角ができづらく、部屋の隅々まで捕らえられます。4千円ちょっとという低価格ながら、機能も十分なコスパ抜群の逸品です。

安い防犯カメラの場合、スマホから遠隔視聴するとかなりのカクツキや遅延が発生しがち。しかし、スマモッチャーはそれが少ないのが魅力です。

スマモッチャーは赤外線で夜間撮影

スマモッチャーを遠隔操作できる汎用アプリ「YCC365 Plus」は、音や動きを検出した際に、スマホにプッシュ通知が届く仕様。万が一の時でも即座に対応できるでしょう。加えて、遠隔でアングル調整が可能な上に、動体を自動で追いかける「モーションディテクション機能」も搭載しています。

スマモッチャーは赤外線LEDを6灯備えており、夜間の撮影もお手の物。実際に暗闇で被写体を映してみたところ、人物の髪型や表情まで判別できました。

スマモッチャーの動画解像度は1920×1080ドットで、記録メディアはmicroSDカード(最大128GB)です。サイズ/重さは65W×105Hmm/200gとなっています。実勢価格は4,378円です。

■「ドン・キホーテ」おすすめ記事
ドンキ「4Kビデオカメラ」怒涛の売れ行きな理由
ドン・キホーテ「1円クーポン」を利用する方法
家電量販店の値引きはドンキも対象店舗に入る

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。