ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドンキ「4Kビデオカメラ」怒涛の売れ行きな理由

ドン・キホーテが企画開発・販売するプライベートブランドが「情熱価格」。そして、情熱価格のワンランク上の品質や機能、デザイン性を備えた商品が揃うブランドラインが「情熱価格プラス」です。2019年9月27日に発売されて即、購入者が殺到し品薄状態に陥った4Kビデオカメラは大注目です。


ドンキ「4Kビデオカメラ」怒涛の売れ行きな理由

ドンキの4Kビデオカメラ人気の理由

発売直後から怒涛の売れ行きとなっている、情熱価格プラスの「4Kビデオカメラ DV-AC3-BK」の人気の理由は価格の安さはもちろんのこと、基本性能の高さです。ソニー製CMOSイメージセンサー搭載で高感度での撮影にも強みがあります。

ドンキの4Kビデオカメラ本体はWi-Fi内蔵でスマホへの転送も可能。また、バッテリーは3個、スタビライザーも付属していたりと盛りだくさんの内容なので、初心者YouTuberにもオススメです。

厳密には2880×2160ドットで撮影し、再生時に3840×2160ドットにアップコンバートする仕様。とはいえ、気軽にフルHD以上で撮影できる点は評価したいところ。夜間撮影はコントラストが効いたメリハリのある映像に仕上がります。

ドンキの4Kカメラにスタビライザー

手持ち撮影時の手ブレを軽減するスタビライザーも付属していて、この1台だけでさまざまなシーンに対応できるのも魅力です。別売りで買うと数千円するのでかなりおトクといえます。

撮影した映像をスマホで確認できる上、リモコン代わりにしてカメラを操作することも可能。セルフ撮影もOK。フォームチェックなどにも使えそうです。

ドンキの4Kビデオカメラの動画解像度は記録時2880×2160ドット(24fps)、再生時3840×2160ドット(24fps)。デジタルズームは30倍で、記録メディアはSDカード(最大256GB)。サイズ/重さは130W×60H×70Dmm/420g(バッテリーあり)となっていて、実勢価格は19,580円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事