ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「オービス」と「Nシステム」の違いと見分け方

「オービス」とは、路上に設置された無人式のスピード取り締まり装置のこと。通過するときはスピードの出しすぎに注意したいところです。しかし、路上には「Nシステム」をはじめとした、さまざまな監視カメラも設置されています。オービスとNシステムを勘違いしてブレーキを踏んでいては危険。オービスとNシステムを見分け方を紹介します。


「オービス」と「Nシステム」の違いと見分け方

オービスやNシステムが路上には設置

路上には「Nシステム」「Tシステム」といった多様な監視カメラが存在します。Nシステムは通過車両のナンバープレートを撮影している警察の監視カメラ。Tシステムも通過車両のナンバープレートを撮影しています。交通状態の管理が目的で、管轄は国土交通省です。

一方、スピード取り締まりのために設置されている主要な固定式オービスは4種類あります。「レーダー式オービス」「Hシステム」「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。

ちなみに、オービスが設置されている道路には、手前に警告看板があるのが通例。オービスを管轄の警察本部によって文言は異なりますが、「自動速度取締機設置路線」などという看板を走行中に見つけたら設置の目印です。

オービスとNシステムを見分ける特徴

レーダー式オービスは、向かってくるクルマに「レーダー波」を発射し、その反射から車速を測定。違反車両は、その先の路肩や中央分離帯に設置されたカメラで撮影されます。老朽化のため、LHシステムなどへの置換が進行中です。

Hシステムのオービスは正方形の白い“はんぺんアンテナ”が特徴。オービス手前には警告用の電子掲示板が設置されており、速度超過車両に一度警告。それを無視した悪質な車両を取り締まる2段構えの仕組みです。

ループコイル式オービスは、アスファルト内にループコイルを3.45m間隔で埋設し、インダクタンスの変化で車速を計測。違反車両はその先にあるオービスの撮影ポイントで、赤外線ストロボとカメラで記録する仕組みです。

LHシステムのオービスは、“ループコイル(Loop Coil)式”の“Hシステム”が名前の由来。Nシステムなどの監視カメラと特に紛らわしいオービスですが、赤色灯付きの制御ボックスがあるかどうかで見分けられます。また、撮影ユニット数が車線数を超えないのも特徴です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事