ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスが120キロ区間で取り締まる速度は?

高速道路でスピード違反を取り締まる「オービス」は、ある程度のスピードオーバーでないと取り締まらないといわれています。そうなると気になるのが、最高速度が120キロにアップされている区間。最高速度に応じて、取り締まり速度は変わるのでしょうか。オービスが高速120キロ区間で取り締まる速度を見ていきましょう。


オービスが高速120キロ区間で取り締まる速度は?

オービスが120キロ区間にも設置される

2020年12月22日から、新東名高速の御殿場JCT~浜松いなさJCT間の最高速度が120キロへと引き上げられました。この120キロ区間にもオービスが設置されています。そこで、オービスが120キロ区間で作動する速度を推測してみましょう。

走行する自動車のスピードを自動で測定、スピード違反車を発見した際にはカメラで自動で写真撮影して取り締まる「自動速度取締装置」は、通称・オービスと呼ばれています。

初期のオービスは、撮影に白黒フィルムが使われていたため定期的に回収や交換が必要でした。しかし、現在稼働中のオービスはデジタルカメラとなり、フィルムの交換作業は不要。撮影した画像も、通信回線を利用して中央処理装置へリアルタイムで送られます。

デジタルカメラで撮影枚数に制限がないとなれば、その気になれば設定次第でスピード違反と無関係にすべての自動車を撮影することも可能になってしまいます。

このため、警察には業務で写真を撮影することについて制限がかけられています。警察が行う撮影に関しては「京都府学連事件」と呼ばれた事件で肖像権を巡る争いがありました。

オービスが120キロ区間で作動する速度

この判例をオービスでの取り締まりに当てはめる場合、スピード違反車以外を撮影することは「その撮影が一般的に許容される限度をこえない」という点も問題になります。

実際、オービスに直接関係する判例では「設置場所にもよるが、制限速度を多少超えた程度にセットして写真撮影することは相当ではないものと言わなければならない」となっています。

このため、警察がオービスで取り締まるスピード違反は、略式を含む裁判が必要な赤キップに該当する違反に限られるといわれています。赤キップで取り締まられるスピード違反は、一般道であれば30km/h以上、高速道路については40km/h以上が該当します。

すなわち、オービスが120キロ区間で作動する速度も超過40km/h以上と考えられるというわけ。とはいえ、これはあくまでも仮定の話。交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事