ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式オービスが全国で続々導入されている理由

「可搬式オービス」がいま、全国の警察に続々と導入されています。可搬式オービスは、従来までの固定式オービスと違って、神出鬼没な新しいスピード違反取り締まりが可能です。このため、ドライバー側がその取り締まり情報を把握しきれていないのが実情。今後も増え続けることが確実な可搬式オービスについて見ていきましょう。


可搬式オービスが全国で続々導入されている理由

可搬式オービスにレーザーとレーダー

「可搬式オービス」とは、警察庁の肝いりで導入が進む新しいスピード違反取り締まりシステムです。可搬式オービスは装置一式で20kg程度と持ち運びが可能で、設置場所を自由に選べることが最大の特徴です。

現在、可搬式オービスは東京航空計器製のレーザー式「LSM-300」「LSM-310」と、センシス・ガッツォ製のレーダー式「MSSS」という、レーザー式とレーダー式の2タイプが稼働中です。

ネズミ捕りによるスピード取り締まりには最低5人の警察官が必要ですが、可搬式オービスなら警察官2人から取り締まりが可能。しかも、可搬式オービスは後日呼び出す方式のため機材を設置する場所さえあればOKです。

可搬式オービスで青キップの速度違反

可搬式オービスが導入されるようになった当初の目的は「30km/h制限の生活道路での危険なスピード違反を取り締まるため」でした。たしかに、ネズミ捕りなどを行うスペースが生活道路にはないため、可搬式オービスが有効です。

実際、これまでオービスによる取り締まりは、赤キップ以上のスピード違反というのが常識でした。しかし、可搬式オービスでは青キップのスピード違反を取り締まっているという報告もあります。

さらに、最近では可搬式オービスによる幹線道路での取り締まりも増加中。首都高速や名古屋高速での目撃例もあります。このような使い勝手の良さから、今後も各都道府県警が可搬式オービスの購入・配備を進めることは容易に予想されるのです。


可搬式オービスの価格は1台1000万円

可搬式オービスが登場した当初、各都道府県警が選ぶモデルはLSM-300が圧倒的でした。しかし、2018年12月に行われた北海道警の入札でMSSSが巻き返しを図ります。この際、LSM-300の入札価格1000万円に対し、MSSSの代理店である沖電気は698万円を提示。見事、可搬式オービスの落札に成功しました。

実は、698万円という価格はディスカウントだったようで、北海道警がその後に可搬式オービスにMSSSを追加導入した際の落札価格は850万円でした。とはいえ、LSM-300の標準的な価格が1000万円だとすれば、より割安なMSSSに可搬式オービスのシェアを奪われ続けてしまいます。

そこで、東京航空計器陣営も2020年10月の埼玉県警の入札で巻き返しを図ります。この入札は可搬式オービス4台でしたが、東京航空計器の代理店であるカナデンの入札価格は3392万円と、1台あたり848万円でした。ちなみに、この際に埼玉県警が導入した可搬式オービスはLSM-300ではなく、新型のLSM-310であることが同県警の発表により判明しています。(写真提供/オービスガイド)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事