ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

移動式オービスの取締りは何m手前で速度測定?

「移動式オービス」による速度違反の取り締まりが全国に広がっています。これまでオービスと呼ばれる速度自動取り締まり機の設置には大掛かりな工事が必須。このため、オービスは高速道路や幹線道路に設置されていることがほとんどでした。しかし、生活道路の速度違反の取り締まりに対応するために移動式オービスが登場したのです。


移動式オービスの取締りは何m手前で速度測定?

移動式オービスは速度測定にレーザー

移動式オービスで注目すべきは、レーザー式の速度測定を採用していることです。従来までの速度測定は「レーダー・ループコイル・光電管」という3つの方式が主流でした。レーザー式はその名の通り、レーザー照射により速度を測定します。

レーザー式の速度測定は、三脚に乗せた可搬式(LSM-300など)や台座に固定された半可搬式(LSM-300HK)などの移動式オービスで導入。このほか、大阪・枚方などに設置された一部の固定式オービスにも採用されています。

そして、驚くべきことに路肩に設置された移動式オービスから照射されるレーザーは、二車線の道路をカバー。追い越し車線を走行していないから取り締まりには遭わないと安心できないのです。

移動式オービスの速度測定は30m手前

移動式オービスが走行車両を検知し始めるのは約70m手前。オービスの手前25~30mの間で速度超過を判定しています。そして、違反車両を撮影する距離はオービスの20m手前です。

一方で、オービスの存在を事前に知らせるレーダー探知機にはレーザー対応モデルが登場しています。レーザー対応のレーダー探知機は、レーザー式の移動式オービスの車両検知区間の手前でレーザーを捕らえて、ドライバーに注意を促す仕組みです。

それらの多くは、150~200m手前からレーザーを受信してドライバーに注意。ただし、先行車や遮蔽物がある場合は、移動式オービスの検知が遅くなることもあります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事