ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービス=免停という常識がもう古くなった理由

オービスは時速30km以上(高速では時速40km)の速度違反の取り締まりに利用されてきました。一般道で時速30km以上、高速での時速40km以上の速度違反は赤キップ。違反点数は6点となり、前歴なしでも一発で30日間の免停です。このため、「オービス=免停」が常識でした。ところが、いまオービスでも免停でない事例が増加中です。


オービス=免停という常識がもう古くなった理由

オービスは免停となる速度違反に利用

交通違反をした時に発行されるのが、「青キップ」(交通反則告知書)と「赤キップ」(告知票・免許証保管証)です。青キップは比較的軽微な違反、赤キップは重大な違反に対して公布されます。

赤キップの違反点数は6点。赤キップの交通違反をすると、前歴なしでも一発で30日間の免停となります。赤キップの交通違反はそれだけ重大な違反ということです。

その重大な違反の代表例が、時速30km以上(高速では時速40km)の速度違反です。それを取り締まるために利用されているのがオービス。「オービス=免停」といわれる所以です。

オービスが免停でない速度違反を検挙

しかし、最近はこの「オービス=免停」という事情が変わってきました。あおり運転や暴走事故の多発により可搬式オービスの導入が進み、オービスでも時速30km未満の軽微な違反(=青キップ相当)でも、検挙されるようになったのです。

実際、千葉県警による可搬式オービスの取り締まりを報じた記事では、可搬式オービスは抑止も目的としたもので、台数を増やしたことで摘発数も一気に増加。2021年は5,316人に、赤キップと青キップを交付したといいます。

しかも可搬式オービスの場合、予告看板を出さずに運用していることも少なくありません。これまで以上に、速度違反には留意する必要があるでしょう。(文/オフィステイクオー)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事