ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

各地の高速で導入準備中の半固定式オービスとは

スピード違反を取り締まるオービスのうち、最近注目を集めているものが「半固定式オービス」と呼ばれるタイプです。一般道で目撃されることが多い可搬式と違い、半固定式オービスは高速道路に設置するためのもので、2021年に阪神高速に導入されたのを皮切りに、いまは複数の都道府県警がその設置準備を進めている最中です。


各地の高速で導入準備中の半固定式オービスとは

半固定式オービスは半可搬式と異なる

半可搬式オービスを最初に導入したのは岐阜県警で、一般道の交差点に数百kgある基台を置き、その上に可搬式オービスのひとつ、LSM-300を取り付けるタイプでした。半可搬式オービスの基台の中には大型バッテリーと記録装置を内蔵し、24時間連続で取り締まりを行います。

数百kgあるとはいえ、半可搬式オービスの基台自体は移動することが可能。この点、道路の地中にスピード測定用コイルを埋め込むなど大がかりな建設工事が必要な固定式オービスと比べ、半可搬式オービスの方が手軽に運用できます。

ところが、2021年に阪神高速に登場した半固定式オービスは別の仕組みを採用。こちらの場合、本線脇に基台の建設工事を行い、その内部に電源や画像伝送用の通信機器などを設置。その上に、可搬式オービスのひとつ・LSM-310を取り付けるという仕組みです。

半固定式オービスは複数基台をローテ

岐阜県警の半可搬式オービスと異なり、阪神高速の半固定式オービスの基台部分は簡単に移動できません。なぜ「半固定式」なのかといえば、複数の基台を阪神高速の路線に設置し、そこに載せるLSM-310の方を移動するためです。

現在、阪神高速には半固定式オービス用の基台が3か所に設置され、1台のLSM-310をローテーションで配備しています。警察側としては、この方式を採用することにより、固定式オービスと比べて少ない設置コストでより多くの地点でスピード違反を防止できると考えているようです。

なお、阪神高速同様の半固定式オービスは、現在茨城県警や熊本県警などが導入に向けて準備を進めています。いずれも、高速道路のスピード違反取り締まり用で、複数の基台を設置してLSM-310をローテーション運用するという点も阪神高速と同じです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事