ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

移動式オービスは固定式よりどれくらい安いか?

いま全国各地で配備が進んでいるのが、持ち運んでどこでもスピード違反の取り締まりが実施できる「移動式オービス」です。これまでのオービスは固定式というのが常識。設置場所を覚えておけば安心でしたが、そんな常識はもう通用しません。そんな移動式オービスの価格は固定式よりどれくらい安いのでしょう。


移動式オービスの値段は固定式よりいくら安い?

移動式オービスにレーザーとレーダー

全国各地で配備が進む「移動式オービス」は、大きく2種類あります。大きく違っているのは速度測定方式で、一方はレーザー式、もう一方は従来からあるレーダー式です。

レーザー式の移動式オービスを製造しているのは、これまでもオービスの主力メーカーだった東京航空計器です。同社の移動式オービス「LSM-300」と、その後継機「LSM-310」になります。

そして、レーダーを使う移動式オービスはスウェーデンに本社を持つセンシス・ガッツォ社が製造。日本へ輸入されている移動式オービスは「MSSS」です。

移動式オービスは固定式の3分の1ほど

この移動式オービスは1台いくらするでしょう。LSM-300については、すでに何県かの導入事例があり、例えば愛知県警が導入したLSM-300は税抜き1000万円で、山梨県警は税込み1080万円。LSM-300は1台あたり1000万円が相場のようです。

センシス社の移動式オービスについては、北海道警が購入したMSSSの価格が判明しています。LSM-300の販売会社が北海道警に示した1000万円より約300万円安い698万円がMSSSの価格でした。

ちなみに、警察庁の発表資料で判明している、固定式オービスの主流であるLHシステムの価格は、1台あたり設置工事費込みで3500万円。移動式オービスは固定式の、3分の1から5分の1の費用で導入できるということです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事