ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

移動式オービスは固定式よりどれくらい安いか?

いま全国各地で配備が進んでいるのが、持ち運んでどこでもスピード違反の取り締まりが実施できる「移動式オービス」です。これまでのオービスは固定式というのが常識。設置場所を覚えておけば安心でしたが、そんな常識はもう通用しません。そんな移動式オービスの価格は固定式よりどれくらい安いのでしょう。


移動式オービスの値段は固定式よりいくら安い?


移動式オービスにレーザーとレーダー

全国各地で配備が進む「移動式オービス」は、大きく2種類あります。大きく違っているのは速度測定方式で、一方はレーザー式、もう一方は従来からあるレーダー式です。

レーザー式の移動式オービスを製造しているのは、これまでもオービスの主力メーカーだった東京航空計器です。同社の移動式オービス「LSM-300」と、その後継機「LSM-310」になります。

そして、レーダーを使う移動式オービスはスウェーデンに本社を持つセンシス・ガッツォ社が製造。日本へ輸入されている移動式オービスは「MSSS」です。


移動式オービスは固定式の3分の1ほど

この移動式オービスは1台いくらするでしょう。LSM-300については、すでに何県かの導入事例があり、例えば愛知県警が導入したLSM-300は税抜き1000万円で、山梨県警は税込み1080万円。LSM-300は1台あたり1000万円が相場のようです。

センシス社の移動式オービスについては、北海道警が購入したMSSSの価格が判明しています。LSM-300の販売会社が北海道警に示した1000万円より約300万円安い698万円がMSSSの価格でした。

ちなみに、警察庁の発表資料で判明している、固定式オービスの主流であるLHシステムの価格は、1台あたり設置工事費込みで3500万円。移動式オービスは固定式の、3分の1から5分の1の費用で導入できるということです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • ループコイル式オービスでの無罪判決は1件のみ
    ループコイル式オービスでの無罪判決は1件のみ
  • レーザー式オービスのバリエーションが増加中
    レーザー式オービスのバリエーションが増加中
  • 固定式オービスをシガーソケットに差すだけ警告
    固定式オービスをシガーソケットに差すだけで警告
  • 可搬式オービスの主流は分割タイプ「LSM-310」
    可搬式オービスの主流は分割タイプ「LSM-310」

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次