ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

MSSSの24GHz帯の誤警報が少ないレーダー探知機

レーダー探知機メーカーとしては、ユピテル・セルスター工業が老舗として知られていますが、昨年からクルマのチューニングパーツメーカーとして有名なブリッツが参入。現在、2022年モデルとなるTL401Rが発売中です。TL401Rは、先発メーカーの製品にはない、可搬式オービスの誤警報を大幅に減らす機能を内蔵しています。


MSSSの24GHz帯の誤警報が少ないレーダー探知機

可搬式オービスの探知機が出す誤警報

ブリッツは、レーダー探知機の新モデル「TL401R」を7月15日より販売を開始しました。同社は、サスペンション・マフラーなどさまざまなジャンルの自動車用アフターパーツを手がけていますが、レーダー探知機には2021年より参入しています。

TR401Rは本体・アンテナ一体型のモデルとなっており、付属ステーを利用してダッシュボードに設置。電源供給は付属のUSBシガープラグコードで行う仕組みです。なお、オプションのOBDIIアダプターで自動車本体のOBDII端子に接続し、そこから電源供給を行うことも可能です。

TL401R最大の特徴は、可搬式オービスの誤警告低減機能を搭載しているところでしょう。可搬式オービスのなかでも、センシス・ガッツォ製の「MSSS」が利用する24GHz帯のレーダー波は自動販売機の人感センサーなどが使用する周波数と近く、これら電波を受信し誤警報を出すケースが少なくありません。

可搬式オービス探知機の誤警報が減少

このため、TL401Rは自動販売機などの電波を自動識別することで、可搬式オービスの誤警報を発する回数を大幅に減らしています。また、ユーザー側で誤警報ポイントを手動で登録することも可能なほか、低速時には警報を出さないLSC機能も搭載しています。

ブリッツのレーダー探知機に共通の特徴として、カーナビのようなフルマップを搭載せず、本体の液晶ディスプレイは取り締まり情報の表示に利用。その代わり、TL401Rでは固定式オービスの取り締まりポイント周辺の3Dマップを内蔵し、近づくと3Dマップで警告表示をする仕組みです。

さらに、TL401Rには各都道府県警が公開している公開取締情報の表示機能もあり、ブリッツのWebサイトから最新データをダウンロードして更新可能。オプションの無線LAN内蔵SDHCカードを利用することで、公開取締情報などのデータの自動アップデートを行う機能も用意されています。

TL401Rのサイズは111.5W×64H×20Dmmで、表示用に4.0インチのTFT液晶ディスプレイを搭載。販売価格は4万1800円となっています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事