ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式オービスの危険度が低い都道府県はどこ?

全国各地でスピード違反取り締まりに使われている可搬式オービスは、ドライバーにとって脅威の存在です。しかし、可搬式オービスの導入台数は各都道府県警によりバラバラで、少ない県に住むドライバーのなかには見たことがないという人も多いかもしれません。可搬式オービスの導入にもっとも消極的な都道府県警はどこでしょうか。


可搬式オービスの危険度が低い都道府県はどこ?

可搬式オービスを新潟県以外は導入

警察庁の「可搬式速度違反自動取締装置の整備状況(平成3年度末)」という文書によると、2021年度末に可搬式オービスを導入していない県は新潟県のみ。他の46都道府県は最低でも1台は導入していることから、新潟県が可搬式オービスの導入にもっとも消極的といえるでしょう。

しかし、新潟県警自体が可搬式オービスに消極的だったわけではなく、新潟県の2020年度予算案には可搬式オービスの費用が盛り込まれていました。ところが、新潟県議会での予算案審議で可搬式オービス導入への反対意見が相次ぎ、結局予算案から可搬式オービスの導入費用を削る修正案が可決してしまったのです。

新潟県議会で出された可搬式オービスへの反対意見は、「1000万円(税込1100万円)で可搬式オービスを導入するより、同じ金額で信号を整備した方が費用対効果が高い」というものでした。とはいえ、可搬式オービス導入は警察庁の方針でもあるため、新潟県警側もなんとか導入を進めようと対策を行っていきます。

可搬式オービスが来年1月に登場予定

その大きなものが、新潟県警が新潟大学と共同で実施した可搬式オービスの実証実験でした。この実験は2021年9~12月の3か月間、東京航空計器から可搬式オービスを借りて実施。交通警察の専門誌『月刊交通』2022年6月号の記事によれば、新潟市内の5地点で実施されました。

その結果、可搬式オービスを設置した地点では、設置前と比べて通過する自動車の平均速度が5.4~8.9km/h低下したとのこと。さらに、2地点では警察官による街頭監視を行った場合と可搬式オービス設置の比較も行い、いずれも可搬式オービス設置の方が平均速度が低下する結果となりました。

この実験結果をもとに、新潟県警は2022年度予算案で再び可搬式オービス導入のための費用を1100万円計上。今度は2020年度と違い新潟県議会で修正されることなく、無事予算案が成立しました。また、2022年7月には新潟県警が可搬式オービス1台分の入札も終え、2023年1月までに納品される予定です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事